お兄系メンズファッションってどんな感じなの?押さえておきたいブランドとは?

現在の日本ではメンズファッションはさまざまな多様化を見せています。

メンズファッションの中にはざっくりとした分類であるために具体的にはどういったものなのかわからないといったようなものもありますが、そうした分類の中でも「お兄系」と呼ばれるようなメンズファッションは非常にわかりやすい存在となっています。

ではお兄系と呼ばれるファッションは、日本で生まれたファッションでしてジャンルで言いますとストリート系になります。

年代的に言いますと20代がメインで展開されていまして、ファッションのコンセプトとしては『強さとセクシーさ』また『豪快さとワイルド』を兼ね備えたファッションセンスになります。

まだピンとこない方もいらっしゃると思いますので、具体的に言うとホストファッションとギャル男ファッションの間の様なファッションになりまして、革靴やシルバーアクセサリー、サングラスやスーツ、ダウンジャケットを着用する物になっています。

お兄系ファッションに必要なアイテム

自分のイメージで洋服量販店で適当に購入をしてしまうとチグハグになってしまったり、お兄系ファッションもどきになってしまうことがありますので、必ず前もってお兄系ファッションに必要なアイテムは抑えておきましょう。

このファッションの基本的なアイテムとなるのが、黒を基調としたタイトな服と、シルバーで作られたアクセサリーです。

体のラインが出やすいレザー形のジャケットや黒色の細いジーンズ、先の尖った革靴やブーツといったようなアイテムが「お兄系ファッション」の主なアイテムです。

ハリウッド映画に出演するような男性セレブリティ、日本のホストなどの男性が着用してそうな衣服、といえばイメージはしやすいでしょう。

一見するだけで明らかに回りのファッションとは異なったゴージャスな雰囲気と、そこに加えられるワイルドなテイストから、一度病み付きになった人を離さない魅力があります。

このファッションの最大の利点は何かというと「個性を表現しやすい」ということです。

きれいめファッションやアメカジファッションといったような代表的なファッションは、アイテムの着回しがしやすいということから多くの人が好みますが、お兄系ファッションは専用のアイテムをそろえていく必要があるため、自分なりに選んだアイテムで、じぶんなりの「お兄系」を表現していくことができるのです。

アイテムも高額なものが多いということから10代後半から20代前半の若い男性にとっては、一種の憧れ的な立ち居地にあるともいえます。

その反面、このお兄系ファッションと呼ばれる服装は、普段そうしたファッションを見慣れていない人にとっては奇異なものに見えたり、外見だけで警戒心を抱かれてしまうこともあります。

また20代後半以降になるとお兄系ファッションが合わなくなってしまったり、同年代の中で浮いてしまったりといったようなこともおきがちです。

どちらかというと「若い人」にだけ許される、特権的なファッションといえるでしょう。

では具体的なお兄系ファッションに必要なアイテムですが先ずはブラックデニムになります。

一昔前でしたら革パンも流行ったのですが、最近ではバリバリのお兄系ファッションと言うよりかは爽やか系だったりキレイ目だったり清潔感と大人感をミックスしたアイテムが好まれている様です。

またトップスには黒系のジャケットやライダースを合わせている人が多いです。

これはまさにお兄系ファッションに必要なアイテムの登竜門と言っても良く、上下とも黒のスーツだったり革系にすると少ししつこくなったりイカツいイメージになる場合もあります。

あくまでもお兄系と言うのは、決して汚いイメージではありませんので、ギャル男やガングロ系ではりません。

上に記載をした通り清潔感や爽やかさを持ち合わせたお兄さんと言うイメージを崩してはいけないのです。

またオシャレは足元からと言いますが、お兄系ファッションに必要なアイテムで忘れてはいけないのがショートブーツです。ボトムスをブーツインにする事で更にお兄系ファッションの完成度が上がるのです。

またブーツを検討する場合ですが、つま先がとんがっているタイプの物はホスト系に間違えられてしまう場合がありますので、顔がどの様なタイプかにもよりますが、キレイ目のラウンドトゥーブーツもお兄系ファッションに必要なアイテムと言えます。

ファッションアイテムだけではなく、髪型や持ち物、肌などトータル的にお兄系になっているかが大切ですので雑誌やお兄系ファッションのサイトなどで確認するようにしましょう。

お兄系ファッションに似合う体型

このファッションは他のスタイルと違いましてサイズ感がとても大切になります。

お兄系ファッションに似合う体型としては細身のシルエットやタイト感が必要になりますので細身若くはジャストフィット程度のスリム感が必要になります。

トップスは細めでボトムスもタイトパンツやスキニー系がマストとなりまして、細身の体型の方でも更に1サイズ小さめの物を選ぶ場合もあるくらいなのです。

お兄系ファッションに似合う体型となる細身体型はその他にも健康そうですとか女子にモテそうですとか色々なメリットもありますのでこれからお兄系ファッションに似合う体型になりたいのだとしたら細身若くは細マッチョ系の体型が必要となりますので、運動や自己管理を含めて徹底してみると良いでしょう。

「パパはダサいから一緒に歩きたくない!」「女性がヒソヒソ声で俺の事、ダサいって言ってる(泣)」こんな事を言われたら立ち直れませんよね。女性ウ...

アーミーアイテムとのコラボ

お兄系ファッションをしたいのだけれどもイマイチ自分の体型や顔つきがお兄系ファッションに必要なアイテムに合っていないと言う場合には、お勧めはアーミーアイテムとのコラボだと言うことを覚えておいておくとコーディネートしやすくて便利になります。

確かにロック系やパンク系、バイカー系、Vホスト系はお兄系ファッションと相性が良いのですが、アーミー系もわりと近い部分にありますので、お勧めはアーミーアイテムとのコラボと言うことが言えるのです。

しかしお勧めはアーミーアイテムとのコラボだと言っても具合的なアイテムが思いつかないと言う方にご紹介を致しますと主にシューズ系になりまして、アーミーブーツやコンバットブーツ、ミリタリーブーツ、ジャングルブーツとなります。

また洋服に取り入れたい場合にはなるべくボトムスにアーミーパンツを取り入れるくらいにして、上半身にアーミージャケットを合わせると、そもそもがアーミー系ファッションではないかと勘違いをされることがあります。

またどうしてもアーミージャケットに合わせたお兄系ファッションをしたい場合にはボトムスはブラックジーンズでブーツはノーマルの物を合わせると良いでしょう。

この様にお兄系ファッションで迷った時にはお勧めはアーミーアイテムとのコラボになりますので、上手く活用をしてお兄系ファッションを楽しんで下さい。

お勧めのお兄系ブランド

ロシェル

特に黒の長袖のカットソーは使い勝手が良く、このブランドがお兄系ファッションの中でも1番人気があると言っても良いほどなのです。

ロシェルをお勧めのお兄系ブランドとしているのはもちろんバリバリのお兄系アイテムもあるのですが、幅広いアイテムがあり、お兄系の中でもキレイ目だったりカジュアル系だったりヴィジュアル系があります。

お兄系ファッションが初心者だったり、少し違ったテイストを取り入れたいと言う方には品揃えが多いのでつい頼りたくなるブランドになります。

また洋服だけではなくブーツもありまして、毎年冬になると新商品が出ますのでお兄系ファッションファンはロンTやカットソー、ニット、Vネック、スキニーデニム、スキニーパンツ、パーカーなどを購入するファンが多くいるのです。

シーナ

シーナはお兄系ファッションブランドの中でもどちらかと言うとビジュアル系やホスト系ブランドとなりまして、トップス系や細めのデニムやパンツをお探しの方にお勧めをしたいブランドになります。

細めのトップスにタイト系のシルエットのパンツ、インナーにはロングTシャツなどのどちらかと言うと全身をビジュアル系にまとめたい方にはお勧めのブランドになります。

LUX STYLE(ラグスタイル)

LUX STYLE(ラグスタイル)はどちらかと言うとカジュアル系のファッションがメインとなりますが、しかしその中でもお兄系やキレイ目系、爽やか系などの清楚感があるアイテムが多いブランドになります。

特に価格帯が安くて商品ラインアップが多く、他ブランドとは異なったテイストのアイテムが多く、ボトムスだとデニムやパンツ、バイカーパンツ、ライダースパンツ、ジョガーパンツがあり、トップスだとTシャツ、パーカーがあり、シンプルなデザインでありながらお兄系にお似合いとなります。

また体型的にロシェルだときついと言う場合には少し大きめのサイズもあります。

代表的なお勧めのお兄系ファッションブランドをご紹介させていただきましたが、これからお兄系デビューをしたいと考えている方にはぜひ失敗をして欲しくありませんので今回ご紹介をしたお兄系ファッションの思考やアイテム、ブランドを参考にして楽しんでいただければと思います。