40代ファッションの春のポイント

春と言えば衣替え。

厚いコートやニットを脱ぎ捨て、軽やかにいきたいもの。

40代のお兄様方にとって、ビジネスシーンでもそう感じることは多いのではないでしょうか?スーツの下に着てたカーディガン、厚いダウンジャケットやビジネスコートを脱いだ時「ああ、春だなあ…」なんて感じるはず。

さて、オフスタイルではどうでしょうか?まだ寒い、なんて言って冬と変わらない格好していませんか?目指す「無難なスタイル」を確立しようとしている今、季節感を無視して、スタイルはキマりません!

まだ肌寒い時は、ヒートテック系インナーを

気温も冬よりグングン上昇し、肌寒いけれども、どこか暖かさも感じる季節。

そんな時は昼と夜、外と中の気温差が激しく変わる場合が多いです。

なので「寒い!」って時に厚着したり、アウターを着たりすると、かえって暑い時が出てくるかも。

難しいそんな季節に、ヒートテック系インナーを、冬に引き続き継続しましょう。

ヒートテック系インナーは、厚着せずとも効果的に暖かくなれる優秀アイテム。

冬~春の微妙な季節にも、是非ドンドン活用しましょう。

また、それでも日によってはトップス1枚脱いで丁度いいくらい、暑い日があることも。

そんな時にはいつもの長袖ヒートテックより、半袖のヒートテックを身につけましょう。

なのでこの時期天気予報は必須です。

これはビジネスシーンにも活用できるテクニックですね。

レイヤードに苦しむ季節…。

素材感を重視して

肌寒い日もあれば、暑い日もあるこの季節は、レイヤードアイテムの選び方も非常に重要になります。

ようは寒暖の差が激しい時に、快適に過ごせるかがポイント。

脱いでも差し支えないライトアウターorトップス、そしてインナーも1枚で着れるようなものにするのが望ましいです。

ニットやカーディガン+インナーのコーデでもOKですが、人によって汗が気になる場合があります。

綿素材+通気性の良い素材(ナイロン、ニットなどでない素材)でレイヤードを組み立てると、脱いだ時にも汗冷えなどしなくてOK。

また、脱いだトップスの処理に困るなんてこともあるかと思います。

プロデューサー巻きや腰巻きにしちゃって、コーデのアクセントにするのも全然アリです!

靴も迷う季節…。

そこでレザースニーカー

ブーツには暑いし、季節感がない。

スニーカーにはまだちょっと早すぎる。

そんな時、レザースニーカーをチョイスするという手もアリ。

ブーツはおおむねレザー製だし、スニーカーにも一部レザーが使われていたりして、イイとこ取りで季節感を押さえられる優秀アイテムです。

形はローテクなもの(コンバースなど)で、色は白をチョイス。

ブラック・ブラウンは冬感が出て、重たくなるのでNG。

ハイカットよりミドルカットを選ぶのが主流なのも、押さえておきたいポイントです。