私服がダサい男性は女子ウケが悪い!40代のおっさんならジャストサイズのきれいめファッションで決めよう

女性が話してる画像

「パパはダサいから一緒に歩きたくない!」「女性がヒソヒソ声で俺の事、ダサいって言ってる(泣)」こんな事を言われたら立ち直れませんよね。女性ウケも悪くなるのでさけたいところ。ただ私服がダサいと言われるのは、服装がだらしない、きれいな感じがしないなどの理由がちゃんとあります。

基本的に、大人の男性は「きれいめ」で固めるのが失敗しないファッションになります。じゃあどうやってきれいめになるの?と疑問を持つと思うので、仕事も家庭も頑張る40代男性のためにダサくなるポイントと私服でもダサくならないためのカッコいいファッションについてまとめています。

ダサいと思われるのは社会的に見て恥ずかしいファッションだから

私服がダサいおっさん

なぜダサいと言われてしまうのか?その根本を考えた事がありますか?ダサいと言われてしまう理由は「いい大人がなにやってんだ?」と思われてしまうコーデをしているからなのです。

例えば、ヨレヨレのTシャツにヨレヨレのジャージを着ているとしましょう。このファッションが許されるのは、20代前半までです。40代だと完全にアウトです。

理由は、適当過ぎるメンズファッションだからです。

40代男性のイメージは、社会人、管理職、マイホームを持つお父さん、彼女と同棲している優しい彼氏など、仕事を頑張っていて私生活も充実しているイメージです。果実で言ったら、ちょうど熟している時期です。

ヨレヨレTシャツ+ジャージはそんなイメージからほど遠いため、ダサい、社会的にステイタスがないなどと思われてしまうのです。10代のまだ青くて食べられない果実ならば「これからだな。」と世間は甘いのですが、40代は「いい大人がなにしてんの?」となってしまいます。ジャージ、ヨレヨレTシャツ、汚いスニーカーなどは40代にはNGです。

同様に不良ぶったアウトローなファッションもNGです。スカジャンなどの走り屋ファッション、ヘビメタ系、ヒップホップ系などは、いい大人がなにやってんだ?的なメンズファッションになりがちです。

おしゃれな40代ならばアウトローをうまくファッションに取り入れてますが、一歩間違えればダサいファッションなので辞めておきましょう。アウトローファッションは「危険!手を出すな。」です。

40代の男性がオシャレをする前に気を付けておきたいNGファッションはいくつもあります。ヨレヨレ適当ファッションとアウトローファッションをしているなら、即刻辞めましょうね。

きれいめでまとめ、ジャストサイズでコーデしましょう

キレイめな男性のファッション画像

ではカッコよく見えるファッションにするためにはどうすれば良いのか?ですよね。簡単に言えば、40代らしい大人の雰囲気がでているファッションでまとめると成功します。具体的には、ジャケットやポロシャツを使ったきれいめファッションと程よくジャストサイズの服です。

まずきれいめファッションのスタンダードは、ボタンダウン+ジャケット+きれいめパンツです。イメージ的には、ゴルフに行くファッション、会食に行くファッションなどきちんとした場所に行くファッションです。

これを休日のプライベートにカジュアルダウンするなら、ポロシャツ+ジャケット+ネイビーのきれいめジーパンです。きれいめ入門者ならば、ジャケットはマストアイテムです。ジーパンであれ、Tシャツであれ、ジャストサイズのジャケットを羽織ればきれいめファッションのできあがり。

また、ジャケットに飽きたらカーディガン+ポロシャツ+きれいめパンツなど、羽織るものに変えてもいいでしょう。カーディガンは優しい印象になるので、プライベートにおすすめです。

ポイントは、きれいに見えるアイテムを取り入れることです。

きれいめメンズファッションは何を着ればいい?外さないアイテムとコーディネートとはを参考にしてみてください。

いくらジャケットを着ても、それがヨレヨレだったり汚れてたらきれいめではありません。汚れやシワがないようにするのが40代男性のエチケットです。ジャケットがダボダボだとお子ちゃまっぽくなりますし、ズボンが太いとヒップホップ系になってしまいます。ピチピチだとナルシストに見られてしまいますが、アイテムは程よくジャストサイズにし、フィットしても動きやすい程度がきれいめファッションを成功させる秘訣です。

毛は短め、アクセサリーは最小限に!

髪のカット画像

きれいめファッションを成功させるために1番大事なのが、服装だけではなくてアクセサリーや髪型、ヒゲなど細かい所です。

まず基本的に、毛は短くするべきです。髪の毛は短くショートカット、ヒゲはきちんと剃る、腕や足のムダ毛が太くて多いならカットするなどです。昔はキムタクのようにロン毛が流行った時代もありましたが、今はショートカットが定番です。ロン毛だと、時代遅れのおじさん、不潔なおじさんと思われてしまいます。

そして、ヒゲもない方が良い。無精ひげがカッコいい大人男性もいますが、そんな人は無精に見えてきちんとカットするなど手入れしています。きれいめファッションに無精ひげはおしゃれですが、これも失敗しやすいので避けておきましょう。ヒゲはきちんと剃り、休日でも剃るべきです。

次にアクセサリーですが、ジャラジャラ付けるのは絶対にNG。チャラいおっさんに見えてしまいます。しかし、全く付けないのもファッションにアクセントとなりません。

そこでアクセサリーは時計だけにして、最小限に抑えておきます。時計は羅針盤が大きめのものだとファッションにアクセントを添えやすく、おしゃれです。仕事用と休日用に分けて持っておくと良いでしょう。

おしゃれのためにアクセサリーを付けるんじゃなくて、機能的だから付けてるんだよと言えるぐらいがちょうどいい。

時計は大人のマストアイテムなので、必ず付けておくようにしましょうねできればブランド時計が良いのですが、そこまでお金がない!ってならブランドじゃなくてもオッケーです。時計の銘柄が気になる人ってあまりいませんからね。アクセントと機能として安い時計でも問題ないです。

ネックレスやピアスは、40代ならばとりあえず外しておきましょう。若く見えてしまったり、落ち着きがないと思われてしまうかもしれません。結婚指輪以外は外し、ごくシンプルがきれいめファッションにマッチします。

ヒゲは剃る、髪の毛は短く、ムダ毛はあまりない、時計だけ必ずつける。この4点できれいめファッションを身にまとえば、もう鬼に金棒です。

小物としては、ハンカチも忘れずに持っておきましょう。

トイレで手を洗い、濡れた手で髪の毛を直すのは絶対にダメです。女性から見たら、不潔なナルシストです。ハンカチも可能であれば持参しましょう。

きれいめファッションならユニクロがお勧め

今まで書いたようなきれいめファッションを目指すなら、お勧めなのがユニクロです。ユニクロは値段がリーズナブル、カラーが豊富、シンプルファッションが多いなど、きれいめファッションが見つかりやすい。ヒートテックなどに代表されるような質が良い商品も多い。長く着られるのでコスパも良い。

カジュアルファッションも多いため、カジュアルダウンしたファッションを取り入れる事もできます。シンプルな服が多いので着回しも聞きますし、奥さんや彼女と来店してファッションをアドバイスしてもらったらどうでしょうか?

きっと、女性目線からのきれいめファッションをアドバイスしてくれるはずですよ。

きれいめファッションで私服がダサい男性とおさらばしましょう。きれいめならば50代、60代と歳を重ねても着ていけるため、これからの洋服代の節約にもなりますよ。