流行のコーディガンをおしゃれに着こなす!大人の男性はだらしなく見せないことがポイント

コーディガン

コーディガンは、カーディガンのような生地にコートのような長さをした羽織りものです。アウターにもなりますし、部屋着にもなる優秀アイテムで、ちょっと寒いな…と感じた時の温度調節に便利なアイテムです。

「このコーディガンを着たい!だけど部屋着っぽくなってしまう…。大人世代の40代男性でもおしゃれに着こなせないかな?」と悩むなら、コーディガンは濃い色をチョイスしてメリハリを付けるのがお勧めです。そして、コーディガンスタイルに合わせる服はシンプルであるべしです。

若すぎるはNG!ダボダボファッションはコーディガンに似合わない

40代の男性だからという事ではなく、コーディガンファッションにダボダボのカットソーやズボンはご法度です。なぜなら、コーディガンはゆったりとしたラインのアイテムだからです。

そのため、ゆったりしたコーディガンとゆったりしたトップスやズボンを合わせてしまうと、全体的にルーズな男性に見えてしまいます。そして、コーディガンを羽織ってるのにそれが活きていないダサいメンズファッションになってしまいます。

また、コーディガンにキャップを合わせるなどのカジュアルやスポーティーさを感じるアイテムは中年だとNGです。キャップは若い男性向けアイテムなので、コーディガンには合わせないようにしましょう。

ゆったりめの服をコーディガンに合わせない事と、スポーティーカジュアルなアイテムを合わせないのが大人コーディガンスタイルでやってはいけない点です。コーディガンは大人っぽくてきれいめに見えるアイテムですが、それでもカジュアル過ぎるアイテムを合わせるのはバランスが悪くなります。
また、大人男性ならば自分にジャストサイズの服を選んで着るのがダサくならない基本的なルールです。大きすぎ、小さすぎはダメです。

街中を歩いていて、「あの人かっこいいのになんか残念だよね」「服のセンス、あれってどうなの?」と思ったことはありませんか?いくらイケメンでも、...

シンプルな服×濃い色コーディガン×薄い色トップスでメリハリを付ける

コーディガンスタイルをする時のポイントとなるのが、コーディガンに合わせる服をシンプルにする事と、コーディガンと服のカラーコーデです。

コーディガンに合わせる服

コーディガンはゆったりとした羽織り物であり、リラックスした雰囲気や優しい雰囲気、こなれた感を感じるアイテムです。そのため、コーディガンを羽織るならば合わせる服はあまり凝ったデザインではない方がまとまりやすくなります。シンプルな服をシンプルに着てコーディガンを際立たせましょう。

  • ロングTシャツ+ズボン
  • ワイシャツやチェックシャツ+ズボン
  • ハイネックカットソー+ズボン(1番お勧め)

コーディガン 着こなし
出典:https://www.pinterest.jp/

これらがシンプルな服の代表的なアイテムです。ズボンはジーパンやチノパンなどなんでも良しです。ちょっと40代の男性にはカジュアルかな?と思えるアイテムでも、コーディガンが大人しいアイテムなので多少のカジュアルさが出ても大丈夫です。中年でも上手くまとまります。

靴もスニーカー、ドライビングシューズ、革靴など好きなものでオッケーです。コーディガンが品があるスタイルに見せてくれるため、足元がスニーカーでもバランスが崩れず、若者っぽくなりません。

もし足元を軽く見せたい、ちょっとだけおしゃれに見せたいと思うなら、ズボンの裾をめくって足首を見せるのも良いでしょう。おしゃれに慣れてるような大人になれますよ。

そして、ハイネックカットソーなどのハイネックアイテムが1番お勧めのコーデなのは、ハイネックがコーディガンから見えるとバランスが良いからです。大人っぽい装いにもなるため、迷ったらハイネックカットソースタイルをコーディガンに合わせるのがお勧めです。

また、細かいポイントですが、トップスは丈が長くない物を選ぶようにするのが良しです。お尻がすっぽり隠れるぐらいまでの丈の長さだと、コーディガンの丈の長さと同じぐらいになってだらしなく見えますし、座高が高い人に見えてしまいます。

太ももの付け根あたりまでのトップスを選んだり、ワイシャツならばズボンに裾を入れてベルトで締めるなどすると、コーディガンスタイルがすっきり見えます。

コーディガンの色は黒系がベスト

コーディガンはカラフルな物、柄物、暗い色、明るい色など色んな種類が出ていますが、1枚目のコーディガンに選ぶならば黒やネイビー、濃いグレーなどの暗くて色がハッキリしてる物がお勧めです。コーディガンは羽織り物なので、ハッキリしてる色の方がコーデが全体的にスッキリ見えるからです。そして、黒系の色ならばどんな服にも合いやすく、コーデに困る事はありません。トップスを薄い色の服にし、コーディガンを羽織ればメリハリコーデになってまとまりやすいでしょう。

また、トップスをグレー、ズボンを白、コーディガンを黒にすると、白いズボンが爽やかな40代の男性スタイルが出来上がりです。グレーと白でぼんやりとしたメンズファッションになりがちでも、コーディガンの黒で引き締めるので爽やかさを崩さず、着太りしないファッションになります。

もしコーディガンをグレーや白などのぼんやりした色にするなら、トップスやズボンを黒にして体型を引き締めておくと良いです。

さらにキャメル色やベージュ、カーキなどの色ざ付いた色のコーディガンを着るならば、トップスとズボンは白黒ファッションにして色味を抑えるか、コーディガンと同系色のトップス(キャメル色コーディガンならベージュのカットソーなど)にしてまとまりあるコーディネートにすると良いでしょう。

ポロシャツ×カーディガンもおしゃれ
ショールカラーカーディガンの着こなし
出典:https://www.pinterest.jp/

  • コーディガンに合わせる服はシンプルに
  • コーディガンはメリハリあるカラーコーデにする事

この2点を忘れなければ、コーディガンでコーデは失敗しないはずです。

小物で部屋着感をなくしましょう

コーディガンはゆったりしたスタイルなので、部屋着っぽくなってしまう確率は高いです。そこで、コーディガンを部屋着に見せないためには小物を使っておしゃれ度を上げていきます。

ただし、20代~30代男性のコーディガンのコーディネートを見てみると、ハットを被ってる男性が多いのですが、40代の男性でハットを被るとキザっぽくなってしまったり、無理しておしゃれに見せてる人に見えます。そのため、帽子はかぶらない方が良いです。

カバンxカラーカーディガン
出典:https://www.pinterest.jp/

脱部屋着に便利なのがカバン

40代の男性ならば、ナイロンや革のビジネスバッグを持っていると大人っぽいですし、仕事ができる男に見えます。リュックやショルダーバッグではなく、手提げカバンを持つと良いですよ。もちろん、カラフルな色じゃなくて茶系や黒系などの大人っぽいデザインにしましょう。

腕時計を付けよう

できる大人男性は時間の管理に抜け目がありません。コーディガンが私服ファッションだったとしても、腕時計をはめて部屋着っぽさや楽さを抜かしましょう。そして、腕時計をはめたらコーディガンの袖を少しめくっておくとこなれた男性に見えてかっこいいです。

腕時計は革ベルトでもチェーンベルトでも構いません。できればアナログ時計がお勧めです。

40代のメンズファッションを完成させるためには、小物にも気を配らなければいけません。いくらかっこいいファッションをしていても、小物がまったく...

基本的に安いブランドでも問題なし

コーディガンはユニクロやGUなどのファストファッションブランドで買っても良しです。特にお勧めのブランドというものはなく、手に入れやすいお店で買えば良しです。なぜなら、コーディガンはそこまで防寒着になるものではありませんし、ジーパンのように試着しなければ着心地が分からない物でもないからです。

どこの店でコーディガンを買うかよりも、メリハリを付けたコーディネートになっているかが大切です。