ジャージ姿がダサいと言われる40代!街中を歩けるコーデになっていないからです

ジャージ姿

普通に考えて40代にもなってジャージ姿と言うと年代的に幼稚に見えたりするアイテムです。ジャージの活用方法と言えばパジャマ代わりか、よい所でもウォーキングをしたりスポーツジムに行ったりなどの方が多いと思います。

ただ結婚をして奥様やお子様がいる方には『ジャージなんかで近所をフラフラしないで』と言われることもあるのでは?近所の体裁を考えたり子供からも一緒に歩いていると恥ずかしいと言われたりするからなのです。

しかし最近街中で色々な人のファッションを見ているとチノパンやデニムを組み合わせて上手くジャージを着こなしている人がいます。

さりげなくジャージを使っている人や、ジャージを前面にアピールしている人もいますが、自分もあんな風にかっこよくジャージコーデをしたいと思って取り組むのは40代を過ぎてからでも全然遅くはありません。

この記事ではジャージが似合わない理由やどの様にしたらかっこよくジャージを着こなすことができるのかと言うことについて書いています。

ジャージが似合わない理由

ジャージを上手く着こなしたいと思いながらも何故かしっくりこないと言う方は、まずはジャージが似合わない理由をご自分なりに分析してみると良いでしょう。

もしどんなに考えてもジャージが似合わない理由が思い浮かばない場合には下記のことに該当がないかをチェックしてみて下さい。

ジャージが似合わない要因はダサいジャージを着ていないかと言う事です。

今回は40代男性の方がいかにジャージを着こなすかがポイントとなるのですが、極端なことを言うと中学校や高校の時に着ていたいわゆるスクールジャージを大人になってから着ようとする場合には無理があります。

モード系やデザイナー系の方でスクールジャージを着ている人がいますが、必ず全体的なコーディネートを考えてまとめた方が良いです。真似しようとしてもジャージが似合わない理由の代表的な例となってしまいます。

せっかく良いジャージを選んでいるのにインナーと合っていない場合もダサくなりがちです。ジャージをアウターとして着る場合にはいくらジッパーを上まで閉めても胸元や襟部分はインナーが見えます。

もしインナーにボタンダウンのシャツをしていた場合には、いくらボタンダウンシャツ単体が良いものだとしてもジャージとは合いません。

カットソーやTシャツなどがお勧めとなります。ジャージが似合わない理由を考える上でインナーは何を着ているかを思い返してみましょう。

上手くジャージを着こなすには

ジャージの良い部分と言うのはもし40代の男性が着るのであれば年齢的にも堅苦しいイメージがある人でもラフなイメージを作り上げることができます。

上手くジャージを着こなすには大きく分けると2つの要素があります。

まず一つ目はパンツのサイズ選びを間違えないと言うことです。

ジャージはとてもラフですが、ボディラインをなファッションアイテムになるので、パンツがダボダボだと上半身がタイトなのに下半身だけが広いミスマッチなシルエットになってしまいます。

上手くジャージを着こなすには体全体が引きしまる様な体になるべくフィットしたパンツを選ぶ様にしましょう。

また街中ファッションとしてジャージを活用したい場合にはチノパンやデニムがお勧めになります。

40代男性は年齢的なこともあるのでまず色味は黒やネイビーなどのトーンを抑えた物が良いでしょう。

キャラクターや大きなロゴが入っている物は子供っぽく見えてしまいます。基本的に柄物のジャージは辞めておき、ロゴはさりげなく入っている程度の物にしましょう。

ただし縦ラインが入っている物は上半身のシルエットを細く見せてくれますのでむしろ入っていても大丈夫です。

40代男性の私服ジャージコーデについて

元々収縮性に優れていてトレーニングウエアとして使用されているジャージを私服のコーディネートに取り入れるメリットとしては異なる組み合わせによる意外性です。

ジャージコーデを上手く行うことができればイメージチェンジができることは間違いないでしょう。

お洒落にキメていただくに当たっていくつかポイントがありますのでご紹介をさせていただきます。

まず最初は良くありがちなのですが、ジャージはNIKEなのにシューズがadidasなど上下でブランドが異なる場合です。

色味的には合っているとしても周りからするとブランドが合っていないことから違和感を抱かれる場合もあります。

例えば容姿がとても素敵な女性がビトンのバッグにグッチのお財布を使用していると、何か気になると思います。

それと同じになりますので40代男性のジャージコーデを徹底するにもジャージ以外の部分にも気を配ってみましょう。

また40代男性のジャージコーデを成功させるためにも慣れていない方は初めはジャージをトップスから取り入れてみると良いでしょう。

これは何故かと言いますと、人の目線と言うのはファッションを見る際にまず最初は上半身から見ることが多いからです。

ジャージコーデをしているとことが印象強く受け入れられると言うこともありますし、またジャージをパンツとしてファッションに取り入れる場合には一気にスポーティーな印象が強まってしまいます。

見せ方によってはお洒落にもできますが、コーデは難しいもので40代はちょっと若作りをし過ぎているのではないかと思われてしまいがちです。

まずはジャージをトップスとして活用するのが簡単なのでここからはじめてみてみましょう。

次にお勧めのジャージコーデですが、トップスにジャージを活用してボトムスには黒スキニーパンツを合わせる方法です。

例えば40代のジャージコーデを行う場合に気に入ったジャージがあったとしても色味が少し派手ではないかと思った場合に不思議と黒スキニーパンツを着用すれば全体的にしまって見えます。

このことによって一気にジャージ選びの幅が広まりますのでジャージをファッションスタイルに取り入れやすくなります。

これからも寒さが厳しくなりますのでジャージをインナーとして活用することもオシャレを司る活用法だと言えるでしょう。

また上半身にジャージとコートを組み合わせる場合にはボリューム感が出ますので下半身のパンツをスリムをするとより素敵なシルエットになります。

特にコートの中でもルーズなスタイルであるドロップショルダーコートをアウターとして活用すればおしゃれな40代男性のファッションスタイルを作り上げることができます。

ジャージコーデを始めるなら情報収集が大事

40代男性がジャージコーデを始める際にどの様なアイテムを選び、そして全体的なコーデをどの様にしたら良いのかと言うポイントをいくつかご紹介させていただきました。

ただジャージコーデを始めるにあたって一般的な洋服量販店のマネキンや広告ではあまり参考になる例が出ていないのが現状です。

ジャージコーデを始めるには洋服量販店よりもスポーツ洋品店に行った方が店舗に置いてある雑誌に私服への展開方法が書いてあったりと参考になります。

ほかインターネットで『ジャージおしゃれメンズコーデ』などと言うキーワードで検索をすると参考になる写真や具体的なブランド名が書いてあったりしますので、ジャージコーデを始めるにはとても参考になる情報収集方法だと言えます。

40代からのジャージコーデは割合的には少ないかも知れませんが、でもその分個性的な40代男性になることができますので興味がある方は是非始めてみて下さい。