40代男性のファッションにおける3大NGワードとは

40代になると、早い人ではすでに子どもが独立しているという人もいます。

その一方で、まだ生涯のパートナーを探しているという人もいるでしょう。

どちらにせよ、40代になると「体型維持」などは若い頃より難しくなってきます。

自分と同じような年齢の芸能人と比べて、「この差はなんなんだろう」「芸能人はイケメンだから」などと思ってはいませんか?他人から「かっこいい」と思われるためには、顔よりも「ファッションセンス」が重要だということをご存じでしょうか。

ここで、40代男性がやりがちな「ファッションにおけるNGワード」をご紹介したいと思います。

だらしない

ヨレたシャツ、明らかにサイズオーバーのジャケット、ずり落ちそうなズボン…。

40代男性の定番スタイルでもある「ジャケット+パンツ=ジャケパン」も、選ぶものによってはただの「だらしないスタイル」になってしまいます。

だぼっとしたパンツや腰パンは、40代になったらもうやめましょう。

大きめサイズのファッションはカジュアルでとても楽ではありますが、相手に「だらしない」印象を与えてしまうのです。

また、「着くずしすぎ」ているのもだらしなく見えます。

シャツの裾が出ている、ジャケットのボタンをすべて外しているのはNGです。

全体的に若すぎる

10代や20代の若い人が好んで着るようなファッション、ブランドは、はっきりいって40代のいい大人には似合いません。

「似合っている」「まだまだいける」と思っているのは自分だけですよ。

フードのついた大きめのパーカー、ダメージデニムなどを「若い頃に」着ていたという人は多いと思います。

自分ももう40代なんだということを認めましょう。

このようなファッションは、「子供っぽい」と思われればまだマシで、たいていは「ただの若作り」だと思われています。

ダメージ加工のされていない普通のジーンズでも、合わせるものがTシャツとスニーカーだけ、というスタイルはNGです。

Tシャツ一枚では若すぎる格好ですが、ここにジャケットを一枚羽織れば、メリハリのある40代ファッションになりますよ。

古くさい

最後は「古くさい」ファッションです。

数年前に流行ったアイテム、デザインなどのものを今も使っていませんか?確かにまだ着られるし、もったいないと思うかもしれませんね。

しかし数年前に流行ったものは、今は流行っていません。

「何年か前によく見かけた」「流行遅れ」「ファッションに興味がないの?」などと、あまり良いイメージは与えないでしょう。

残念ながら、「古くさい」印象を与えてしまうのです。

ジャケット一枚とってみても、今は「スリムタイプ」が主流になっています。

ウエストがほどよく絞ってあって、スタイルが良く見えるようなデザインになっているのです。

もしも「ファッションにあまりお金をかけられない」という人は、流行に左右されない「定番アイテム」を揃え、比較的安価で購入できる「小物類」を流行りのものにすると良いと思います。

40代の男性がオシャレをする前に気を付けておきたいNGファッションでは、コーデの前に確認してほしいファッションについて書いていますのでこちらも参考にしてみてください。