メンズファッションの「アメカジ」ってどんなファッション?

アメカジはメンズファッションのなかでも特に代表的なものであり、多くの人が愛好しているファッションです。しかし実際にアメカジとはどの様なファッションのことを言うのかと聞かれると、とっさに答えられる人は案外少ないのではないかと思います。

一時期はこの「アメカジファッション」というファッションが非常に流行し、テレビなどでも連日名前が挙げられましたが、昨今ではある程度そのブームも落ち着いたようで、テレビで毎日名前が呼ばれるようなことはなくなりました。

ですがこのメンズファッションが衰退したということはなく、今でも多くの人が魅了されるファッションになっています。

大体の方はテレビや雑誌で聞いたことがあったり、子供の時に聞いたことがあると言うことがある方が多いのではないかと思いますが、ではこの「アメカジ」というメンズファッションは、どのようなものをさすのでしょうか。

今回は本格的にこれからアメカジをしてみたいと言う方のために日本で使えるカッコいいアメカジスタイルについてお話をさせていただきます。

まず注意しなくてはならないのが、「アメカジ」という言葉は非常に抽象的なものだということです。

因みにアメカジとは『アメリカンカジュアル』の略語になります。

また一言でアメリカンカジュアルと言っても定義が広すぎる感じもしますが、基本的にアメリカのカジュアルファッションであれば、だいたいが当てはまる様になっています。

アメカジの基本アイテム

アメカジを始めたい、マスターしたいと思っている方のためにアメカジの基本アイテムについてお話をさせていただきます。

アメカジのイメージとしては他のファッションに比べると動きやすくラフであると言うイメージがあると思います。また無骨でワイルドなスポーツ選手やロックミュージシャン、俳優が着ている印象があります。

そんなアメカジの基本アイテムとはどの様な物になるのかを具体的にご説明をさせていただきますが、まずインナーですが、ネックチェッャツ、デニムシャツ、プリントTシャツ、VネックTシャツなどが挙げられます。

またインナーの上に合わせるアウターとしてはスタジャン、デニムブルゾン、ジージャン、ダウンジャケットなどが代表的なです。

そしてボトムのアメカジの基本アイテムは何と言ってデニムやチノパンがスタンダードになります。

一般的にはティーシャツとジーンズを基本として、そこにスタジアムジャンパーやブーツ、スニーカーをあわせるという認識がされていますが、実際にはさまざまな種類があるのです。

例えばレザーでできたライダージャケットなどを日常的に着るハードな「バイカースタイル」というものもこのファッションの一種ですし、それとは対照的にショートパンツにビーチサンダルといった涼しげな「サーファースタイル」と呼ばれるのもアメカジの一種なのです。

ですが一般的に「アメカジ」と呼ばれた場合には、スポーツウェアやワークウェアといったようなラフな格好をさすことが多くなっていますので、「Tシャツにジーンズを合わせるラフな格好がアメカジなんだ」という認識をしておいても問題は無いでしょう。

このファッションの利点はなんといっても「日常生活において楽」ということです。

「キレイ系ファッション」と呼ばれるようなファッションだと、フォーマルほどではないにしろジャケットにシャツ、ネクタイといったような「動きにくいファッション」になってしまいます。ただ最近では人気も高くなっているファッションなので押さえておきたいところです。

「パパはダサいから一緒に歩きたくない!」「女性がヒソヒソ声で俺の事、ダサいって言ってる(泣)」こんな事を言われたら立ち直れませんよね。女性ウ...

アメカジファッションだと着用するものが体の動きを妨げないので、町を歩くのでも負担が少ないです。

またジーンズやティーシャツはいろいろなファッションに流用することもできますので、普段あまりファッションに興味が無かったという人が意識的に集めていくのであればぴったりのメンズファッションだといえるでしょう。

そう考えると割と普段から来ているアイテムが使える場合が多いと思います。

ただアメカジはコーディネートが大切です。日本の芸能人でいうとダウンタウンの浜田雅功さんや所ジョージさんがいつも典型的なアメカジを着ている良いモデルになると思いますので、春夏秋冬で組み合わせに悩む場合には是非両者のアメカジの基本アイテムを参考にしてみると良いでしょう。

アメカジを彩る周辺アイテム

インナー、トップス、ボトムスにおけるアイテムについては上項でご理解をいただいたと思いますが、次にマスターしたいのがアメカジを彩る周辺アイテムになります。

これはどのファッションでもそうですが、アメカジを彩る周辺アイテムについても気をつけることで表面上だけではなく、深く全体的にアメカジを追求している人だと思われる様になるのです。

大人になってから本格的にアメカジを追求しようという場合には、まずオシャレは足元から。

シンプルかつ気取らないでコーディネートができるスニーカーは切っても切れないマストアイテムになります。

アメカジを彩る周辺アイテムの代表スニーカーとしてはオールスターやスタンスミスなどの名の知れた有名メーカーを抑えておけば安心してアメカジのコーディネートをすることができます。

また全体をタフに仕上げることができるワークブーツもお勧めです。

ワークブーツはスニーカーよりも存在感があるので、人と違って骨太なイメージを付けたいと言う場合にはぜひワークブーツの力を借りると良いでしょう。

また今までワークブーツを履いたことがなくて良いブランドがわからないと言う場合には『レッドウィング』を抑えておけば間違えないでしょう。

レッドウィングであれば上項でご紹介をさせていただいたアメカジの代表的なボトムスとなるジーンズやチノパンとの相性がとっても良いので自信を持ったコーディネートができるはずです。

そしてインディアジュエリーも欠かせないアイテムになります。ファッションを彩るアクセサリーは多彩です。

アメカジとして考えた場合にマッチするのがネイティブのアメリカンが作り出す雰囲気となる、一般的なジュエリーでは味わうことができないインディアンジュエリーがお勧めです。

アメカジの中でもキレイ目なスタイルからワイルド系まで色々なスタイルに対して似合いますので、ワンランクアップの周辺アイテムを身に付けたい場合には検討してみると良いでしょう。

アメカジにお勧めのブランド

アメカジを始めるに当たっての心得をご理解いただいた次はいよいよアメカジお勧めブランドをいくつか覚えておく必要があります。

それは何故かと言うと、いくら頭の中でアメカジの着こなしのイメージができても実際の購入先が分からなかったら先に進まないからです。

まず本場のアメカジお勧めブランドとしてはEDDIE BAUER、L.L.BEAN、アバクロ、ホリスター、アメリカンイーグル、が挙げられます。そしてお手頃な価格で抑えておきたい方にアメカジお勧めブランドはRight-onやGobal Workです。

デパートに行った時にお店の前を通ったことがあるかも知れませんが、フランクな物もありますので、ベタなアメカジと言う訳ではありませんがアメカジをベースにした服も扱っており、価格体系も手が出し安いので直ぐにお求め安いと言うメリットがあります。

この様にアメカジお勧めブランドはごく近くでも購入することができますので、今日からでも始めることができるのです。

気をつけたいアメカジの着こなしポイント

まだ10代や20代でしたらとりあえず格好の良いアメカジファッションアイテムを着ていれば良いのかも知れませんが、大人になってからアメカジを始める場合にはそれだと子供っぽく見えてしまう場合があります。

子供っぽく見えない着こなしポイントを熟知しておく必要があると言えるでしょう。

最初にご紹介をするポイントですが、ヨレヨレやボロボロのアイテムばかりでコーディネートするのはやめてましょう。

アメカジの象徴の中にはユーズド感のある、かなり着込んだ洋服が象徴的ではあるのですが、今の時代にこれをやってしまうと周りから敬遠されがちです。

ワンポイントとして活用する分には構わないのですが、全身がヨレヨレの上下でコーディネートをするといくらデザインが良いアメカジでもみすぼらしく見えてしまいますので大人になってからのアメカジは上品さを意識する様に心掛けましょう。

次に気をつけたいポイントは原色系のチェックシャツなどの強いデザインのアイテムを避けることです。

1980年~90年代に流行った渋谷カジュアルが全盛期の時の流行になります。今の大人達は昔を懐かしんで着たい気持ちは分かりますが、今の時代はかなりリスクが高いですので着るのはやめておきましょう。

ほかダボっとしたシルエットではなくて、現在では全体的にファッションの思考がスリム系になっています。ジーパンやシャツ、アウターを選ぶ場合にはサイズ感には十分に気をつける様にしましょう。

この様にいくつかの気をつけたいポイントがありますが、それさえ気をつければ大人になってからでも十分にアメカジを楽しむことができますので、週末の私服の方向性で悩んでいる方は是非ご参考にしてみると良いでしょう。