ラッシュガードとは?男性におすすめしたい夏のメンズの着こなし

ラッシュガードをあなたはご存知ですか?以前までは着用している方も少なかったのですが、ラッシュガードというのは「サーファーが着用する水着」の事です。

サーファーの体を保護する為の水着なので、擦り傷やサーフィン中の怪我を防いでくれたり、真夏の強い日差しから保護する効果もあります。

男性の方は特に海に行かれると海パン一枚になるので、肌の露出は女性より多いかもしれません。

近頃見かける事が増えたラッシュガードをどうやって選べば良いのか?着こなし方は?などなど、今更聞けないラッシュガードの着こなし方を含めまとめていきたいと思います。

男性がラッシュガードを着るメリットとは?ラッシュガードの魅力

最近、若い男性でもラッシュガードを使用している人が多くいます。なぜ人はラッシュガードを着るのか?ラッシュガードの魅力を何個か紹介していきましょう。

日焼け防止になる

ラッシュガードを着る最大の魅力と言ってもいいのが、ラッシュガードを着る事で日焼け防止ができる点です。近年は最高気温を記録する日が連日で続いていたりと、夏の暑さはニュースの常連になっています。

暑いという事は紫外線も大量に降り注いでいるという事ですよね。上半身が裸のままビーチをうろついていると、すぐに日焼けをして肌が真っ赤になります。

肌が真っ赤になると、火傷のヒリヒリとした痛さを感じます。また、歳をとって男性でもソバカスやシミが体にできてしまいます。男性は女性に比べて日焼けに対する意識が低いので、日焼け止めなしでプールや海に行く人もたまにいます。日焼け止めを塗るのがめんどくさいという人でも、ラッシュガードならば着れば日焼けを予防できます。

また、日焼け止めを節約できるのもラッシュガードの魅力です。上半身に日焼け止めを塗ると、クリームを結構たくさん使います。あっという間に日焼け止めがなくなってしまうなんてザラにあります。しかしラッシュガードがあれば上半身は日焼け止めを塗らなくていいので、クリームを節約できます。

傷から肌を守ってくれる

ラッシュガードを着ているというのは、服を着ている事と同じ事です。服を着ていればかすり傷にもならなかった事が、着ていなかったために血が出るようなケガになる事もあります。

例えば、夏に岩場がある海に行って貝や魚を捕まえて遊ぶと、足場が悪くて転ぶ事もあります。ラッシュガードを着ていれば、ゴツゴツした岩場に体を打ち付けても裸よりは傷が浅いでしょう。他にも、虫に刺されたりなどの確率をラッシュガードは減らしてくれます。

海や川は自然がいっぱいの場所なので、足場が悪かったり虫がいたりと危険な場所でもあります。それをラッシュガードでケガ防止ができるのです。

おしゃれを楽しめる

ラッシュガードはただ肌の安全のために着るというわけではありません。最近はおしゃれなラッシュガードがリリースされており、若い男性向けにおしゃれを楽しむラッシュガードも発売されています。

海水パンツとセットアップにしたりなど、海水パンツやビーチサンダルのおしゃれをアレンジできるため、おしゃれという目的からラッシュガードを選ぶ事もできます。ただ海水パンツを1枚履いているだけよりも、ラッシュガードを着ていた方がおしゃれを楽しめますよね。

ッパーつきのラッシュガードを着て、鍛えた体をチラ見せするのも男性のおしゃれです。
カップルならば、お揃いのラッシュガードを着てなどおしゃれの幅が広がりそうです。

体型をカバーできる

ラッシュガードの大きな魅力として、体型を隠せるのもあります。

若いうちは人に恥じる事ない体型だったけど、歳をとるにつれて贅肉が気になってきたり、メタボ、ビール腹など体の悩みはつきませんよね。男性は太ると上半身が気になるという人が多いので、ラッシュガードがあればどんな体型でもある程度はカバーできます。

でっぱったお腹を丸出しにしているのは恥ずかしいという人は、ぜひラッシュガードがおすすめです。

ラッシュガードが注目される理由

今や海に行くには欠かせない超定番アイテムとされるラッシュガードですが、元はサーファー用の水着だった物が何故普通に海に行かれる方が着用するようになったのか?

理由は大体の方が想像されている通り。

「体型カバー」と「紫外線や怪我から体を守る為」この2つです。

水着を着ると男性でも女性でもかなり体型が露わになります。他人との体型を比べてしまうのは女性だけに限らず、男性も同じです。

自分の体型に自信がある男性は海パン一枚に抵抗がないかもしれませんが、ぽっこり下腹が目立つ方やあまり筋肉が付いておらず裸に自信のない方には海パン一枚は抵抗があるでしょう。

そんなときの為に使われるのが「ラッシュガード」なのです。

体型をカバー出来るので海パン一枚には抵抗がある方には手放せませんね。

また、ラッシュガードには紫外線からお肌を守ってくれる効果があります。「焼きたくない訳じゃないけど、日焼けをすると肌がすぐに真っ赤になるのが嫌」という男性も多いです。

真夏の日差しはかなり強いもの。何も対策をしないままでは肌が弱い方ならすぐに真っ赤になってしまいます。ラッシュガードは体型カバーと紫外線対策の為に使われているようですね。

ラッシュガードの選び方

今や海に行くなら必須アイテムとして考えられているラッシュガード。でも、デザインや色、種類が豊富になった分どれを選べば良いか分からないという男性も多いのではないでしょうか?

ラッシュガードは海でサーファーが着用する水着を指すため、プールや海水浴に着用されるイメージですよね。

それが近頃のラッシュガードは、ただ水着としてではなくサラッと羽織りやすいパーカータイプであったり、普段も使いやすい半袖タイプなどがあります。

プールや海水浴に限らず、バーベキューをする時などにサラッと羽織れるラッシュガードは肌を紫外線から守ってくれて怪我を防ぎ、体型カバーもしっかり出来ます。

ラッシュガードを賢くカッコよく着こなしたいなら、やっぱりプールや海水浴だけでなく普段使いまで出来ちゃうラッシュガードを選びましょう。

ラッシュガードの着こなし方

ラッシュガードにはいくつか種類があり、半袖タイプ、長袖タイプ、パーカータイプなどがあります。色や柄も豊富な種類があるので着こなしかたもたくさんあります。

例えば着こなし方の一つとして、カップルならペアルックという方法があります。ペアルックは少し照れくさいなんて方でも、ラッシュガードはカッコ良く爽やかに着こなせる物が多いのでペアルックもしやすいですね。

また、パーカータイプなら海やプールに限らずちょっとしたアウトドアにも用いる事が出来るのでラッシュガードを着ただけでもかなりお洒落な男性を演出出来るのではないでしょうか。

紫外線が気になる方は長袖タイプを、カッコ良く爽やかに着こなしたいなら半袖タイプを選ぶのが良いですね。

近頃ではラッシュガードもお洒落なデザインが増えていますから、水着の色やデザインに合わせながらラッシュガードを選んで海でのお洒落を楽しみましょう。

ビーチの冷たいや寒いを緩和できる

ラッシュガードは、野外ならではのちょっとした悩みを解決してくれるのもメリットです。

夏といっても、川はマイナスイオンが発生して肌寒く感じる事もありますし、水が冷たいという事もよくあります。また、海でも風がふくと寒かったりと体感温度が変化します。ラッシュガードを着ていると冷たい水から体を守ってくれますし、防寒になります。

ラッシュガードは目的別に分けて選んでいきましょう。

日焼け防止や傷防止のためにラッシュガードを利用する人も多いですよね。

ラッシュガードには大きく分けてぴっちりタイプとゆったりタイプがあります。どちらを利用するべきかは、ラッシュガードを利用するシーンによって選んで行くと便利です。

ビーチで過ごす派はゆったりラッシュガード

まずはあなたがラッシュガードを利用するシーンを想像してみましょう。海水浴に行き浅瀬で遊ぶ、川で水遊びをする、海よりもプールに行く機会が多い…など、がっつりと水辺で泳ぐよりも、海で遊ぶ機会が多いというならば、おすすめはゆったり系ラッシュガードです。ぴっちりサイズよりも楽に過ごせるため、遊びやすいです。

さらにフードがあれば帽子の代わりになりますし、ジッパーがついていれば脱ぎ着しやすいでしょう。また、ポケットがついているとなお便利という声もあります。小さい子供がいるパパさんだと、なにかと持ち物が多いですよね。

ポケットがあれば、子供が拾った貝などを一時的に収納できます。また、プールでロッカーを使用した時の鍵をポケットにいれておくなどの使い道もあります。

マリンスポーツをやるならぴっちりラッシュガード

ゆったりラッシュガードは水に入ると肌とラッシュガードの間に水が入る込むため、泳ぎにくいというデメリットもあります。そのため、もしサーフィンやダイビング、シュノーケリングなどのがっつりとマリンスポーツを楽しみたいのならば、おすすめはぴっちりラッシュガードです。動きやすさがあり、ラッシュガードが邪魔になりません。

マリンスポーツをするならば、前にジッパーがなくて上からかぶって着るタイプのラッシュガードがおすすめです。ジッパーがあると、サーフィンなどで体や板を傷つけてしまうかもしれません。

フードもスポーツでは首をしめてしまったりなどの危険があるため、選ばないようにすると良いです。スポーツするならば、シンプルなTシャツタイプのラッシュガードがおすすめです。

ぴっちりラッシュガードはジャストサイズで

ぴっちりラッシュガードを選ぶ時は、試着をしてぴったりしたジャストサイズにするか、少しキツいかな?というぐらいがおすすめです。ラッシュガードは伸縮性があり、水に入ると少しだけ伸びます。

それにより、少しキツくてもマリンスポーツ中はちょうど良いサイズになります。試着の時点で少しキツくても、次第に慣れていくので安心しましょう。

紫外線防止や乾きやすさも重視しよう

ゆったりラッシュガードにするにしても、ぴっちりを選ぶにしても、忘れてしまうと買った後に後悔しそうなのが紫外線防止レベルと乾きやすさです。

まず紫外線防止についてですが、ラッシュガードは丸裸の肌でいるよりも紫外線カットにはなります。しかし、全ての紫外線をカットできるというものではありません。そのため、ラッシュガードを着ていても日焼けしてしまったという人はいます。

そこで、もし1日中、野外にいて行動する事が何日もあるのならば、紫外線カット機能が書いてあるラッシュガードにするのがおすすめです。より強く紫外線をカットしてくれるため、夏になったら毎日のように海に行く人におすすめです。

乾きやすさについては、1日に1回だけ海に行くなどラッシュガードの脱ぎ着をあまりしない人は問題ないのですが、体育の先生などで脱ぎ着をよくする人は、ラッシュガードの乾きやすさにも注目して選ぶと良いでしょう。

濡れたラッシュガードはひんやりしてしまうので、着心地が悪くなってしまいます。ラッシュガードを脱ぎ着する回数が多いのならば、乾きやすいと書いてあるラッシュガードにすると快適に過ごせます。