冬のコートはチェスターコートやステンカラーコートが40代の男性におすすめ

コートを着た男性

40代になり中年と呼ばれるようになってきたらファッションを20代の時と全く同じにするのはさすがにためらいますよね。これから冬が深まってくると大活躍するコートですが、40代なりのカッコよく見せるための選び方があります。

  • 若作りしてるって言われたくない!
  • 冬に向けて、中年男性にピッタリのコートが欲しい。
  • どんなコートなら自分に合うか分からない。

そんな悩みを持つ中年男性にお勧めしたいのが、細みのコートを選んでスマート紳士を装うのがお勧めです。なるべく細く見せれば、多少はビールっ腹でも細く見えます。そして、知的な人、仕事ができそうな人にも見えますよ。

ダサく見えてしまうのは昔のコートをそのまま着てるからかも

40代の男性ともなると、10代後半や20代に買ったコートがまだ家にある人もいるのではないでしょうか?もし家に着れるコートがあっても、それが昔々に買った物ならば着ない方が良いです。

なぜなら、昔と今では同じコートでもデザインが違うからです。

例えば、昔のコートではガッチリして丈が長いコートもありました。くるぶし近くまであるコートで、肩にパットを入れていかつく見えるコートです。

現在のコートはくるぶしまで丈があるものはメジャーではなく、太ももあたりまでが定番です。そして、ガッチリ見えるのにはあまり力を入れていません。

このように、同じコートでも今と昔ではデザインが少しづつ違うため、コートは今買った方が良いと言えます。昔のコートを今風におしゃれに着る人もいますが、テクニックがいるのでチャレンジしない方が無難です。

また、中年男性で避けたいのがダボッとしたコートです。ガッチリしたコートやダボッとしたコートは、全体的に大柄の男性に見えてしまい、怖い印象を与えてしまい女性にモテません。

今の男性はスラッとしたファッションがモテますし、紳士的で優しそうなイメージができます。ダボッとしたゆったりコートはルーズにも見えてしまうため、中年には向いていません。

コーデが苦手な人であればコートは昔流行った物や昔買った高かったコートでも着ないようにしたいところ。

今売ってるコートを着るようにすると、時代遅れの中年男性にはならないで済むはずです。これから買うコートはダボッとしたものではなく、スリムに見えるコート、シンプルなコートを選ぶようにしたほうがいいでしょう。

選ぶならステンカラーコートとチェスターコート

ブラウンステンカラーコート×グレーウールリブパンツ
出典:https://www.pinterest.jp/

時代遅れにならず、ダサくもない40歳のメンズファッションはスリムに見えるシンプルなコートだと前章でお伝えしましたよね。それを実現するためのコートは、ステンカラーコートとチェスターコートです。

チェスターコートとステンカラーコートの違い

2つとも似ているコートですが、ステンカラーコートは襟が首元にあり、ビジネスで着るワイシャツのようなデザインです。そして、チェスターコートは襟が首元から胸元にあり、ビジネスジャケットに近いコートです。

この2つの特長は、襟があるのでカジュアルになりすぎない所です。そして、シンプルなデザインなので中年男性が着ても浮いたデザインにならず、大人の装いができます。2つのコートならラインが細く、中年太りしてしまった体でも全体的に細く見えます。

ステンカラーコートとチェスターコートならば似合わない男性はほぼいないため、どんな男性でもカッコよく着こなせるでしょう。

秋冬にアウターをお探しの方もいらっしゃるかと思います。また中年男性の方でそろそろ大人っぽくカッコ良いコートを着こなしたいという方にはチェスタ...

トレンチコートはおしゃれに慣れている人向け

黒トレンチコート×黒タートルネックニット×黒スキニーパンツ×白ローカットスニーカー
出典:https://www.pinterest.jp/

ただし、チェスターコートやステンカラーコートに似ているトレンチコートは選ばない方が良いです。トレンチコートは襟が大きく、ボタンが両サイドにあるコートです。

そして、腰ベルトもあります。昔のフランス映画やイタリア映画に出てくる俳優さんが着ていそうなコートと言えばイメージしやすいかもしれません。トレンチコートにハットを被ったら、まさしく昔の映画俳優です。

トレンチコートはおしゃれですが、コーデが苦手な男性が着るとキザっぽい、オネエみたいなどのマイナスなイメージが付きやすいコートです。そのため、40代の男性が着ると「おしゃれしたいイタいおじさん」と見えてしまうことが多いかもしれません。

自分はおしゃれで、どう着こなせば良いかちゃんと心得ていると自信があるならトレンチコートでも良いのですが、そうじゃなければトレンチコートは避けましょう。

カジュアル派へ

もっとカジュアルなコートが着たいとなれば、ダウンコートがお勧めです。ダウンは防寒に優れているため、着やすいコートとなるでしょう。ただし、ダウンコートはふんわりしてイカついイメージになりやすく、カジュアル過ぎてしまう傾向にあります。

そのため、ダウンコートを選ぶならばロングコートで細長く見える物を選ぶと良いでしょう。そして、ダウンでふんわりしてるものではなく、ダウンがあまり目立たない大人っぽいものを選ぶと良しです。

さらに、フード付きだとカジュアルさが強くなってしまうため、フードがないダウンコートを選ぶと大人っぽくなりますよ。

40代の男性がコートを選ぶなら、ビジネス風でもカジュアル風でもシンプルで細みかをチェックして買うと失敗しません。

そして、冬が深まってきたら首にマフラーを巻けばもっとおしゃれに見えますし、コート選びに失敗しなければ他の小物にも失敗しません。

コートの中に何を着るべきか

コートは外で着るものであり、室内に入れば脱ぎますよね。その時に、いくらコートがかっこよくても中に着ているものがダサければ、せっかく選んだコートが台無しです。そこで、コートをきちんとカッコよく見せるためには中に着る服までこだわりましょう。

中に着る服で40代の男性に欠かせないのが、ワイシャツ、カーディガン、セーターです。ワイシャツは白だけでなく、ライトブルーやストライプ柄などでおしゃれさを出すとカッコよくなります。また、ワイシャツの上にセーターを着る、ロングTシャツにカーディガンを合わせるなど、きれいめを意識するのが中年が似合うファッションです。

上半身をきれいめにまとめたら、下半身であるズボンはジーパンでも構いません。カジュアルな下半身でもきれいにまとまるため、大人っぽいチェスターコートやステンカラーコートなどでもカジュアル過ぎずにまとまります。

ただし、ダメージジーンズや真冬のハーフパンツ、ジャージは絶対に着てはダメです。ジャージは大人が着て出歩く物ではありませんし、ダメージジーンズやハーフパンツは寒そう、若作りしてるなどのイタい大人に見えてしまいます。

コートを脱いでもかっこいい40代の男性になっているのか、しっかり鏡で確認しましょう。

お勧めはDo Classe

「どんなコートを選べば良いかは分かったけど、どこに買いに行けば良いのか分からない。」

今まで紹介してきたファッションやコートを買いに行くのが難しいのなら、お勧めのショップがDo Classeです。通販サイトなので、自宅にいながら買い物ができます。

中年にピッタリのコートが置いてありますし、コートは暖かさや機能面を計算し尽くしているので着心地も良いでしょう。

チェスターコート、ステンカラーコート、ダウンコートなどのアウターが充実していますし、値段も1万円前後と大人男性のアウターにしては高過ぎません。

Do Classeはコーデの参考にもなるため、40代で何を着れば良いのか、どう着るかなど迷ったらサイトへアクセスしてみると良いでしょう。きっと、コーデのヒントが隠されているはずです。