40代の男性に似合うジャケット選び!ネイビーや黒を重点にしたコーデがおすすめ

ジャケットを着た男

10代や20代の時には何かのパーティーや知人の結婚式の時位しかジャケットを着ることは無かったかも知れませんが、段々と年齢を重ねるにつれてフォーマルな格好をしないといけないケースが増えてきます。

そうなるといつまでもジャンバーや若者のアウター、また量販店で購入をした安物のジャケットだけだと年齢の割に子供じみて見えてしまうとともに社会人としての信頼自体も問われてしまうこともあります。

40歳を過ぎた中年になると会社での立場やお子様がいらっしゃる場合には体裁も考えなければなりませんので、みっともないアウターを着るのではなくちゃんとしたジャケットを数着持っておくと色々な場で着こなすことができますので良い。

ただジャケット選びを間違えてしまうと時間とお金の無駄になってしまいますのでしっかりとポイントを抑えておくようにしたいところ。

ジャケットを購入する場所にはどの様な所や店舗が望ましい?

紳士服

デパートに行くと沢山の洋服量販店がありますが、これらは遊びとしてのジャケットを購入するのであれば良いです。しかしある程度の大人である40代の男性がジャケットを購入する場所としてはあまり相応しくありません。

ほかお買い物に行った時に型落ちなどのセール品が目に溜まってつい購買意欲をそそりますが、あまりサイズが揃っていない場合があります。しかしそこでコストを優先してしまって購入してみたはいいもの、実際に着用して動いてみるとキツかったりと後から後悔してしまうパターンもあるので気を付けたいところ。

フォーマルなビジネスの場やプライベートにおいて知人と食事をする場合や家族で出かける場合でも年相応の落ち着いた雰囲気が必要になるので、その様なラインナップが揃った店舗こそが中年男性がジャケットを購入する場合だと言えます。

そう言う意味から考えるとお勧めをするジャケットを購入する場合は全国どこにでもある紳士服専門店になります。

これらのお店は大々的には『スーツ屋さん』と言うカテゴリーになり、ほとんどの人が利用されたことがあるかも知れませんね。販売している販売品目としてはスーツのみならず紳士用のジャケットも販売をしています。

最初はジェネレーションギャップを感じるかも知れませんが、若者の品揃えが多い量販店には無いような品揃えが沢山あるので大人用のジャケットが欲しいと思っている方は紳士服専門店に行ってみることをお勧めします。

似合うジャケットを探すときにどの様なことを念頭に置いておけば良い

昨今の若者ファッションのサイズ感だとピチピチのスリムタイプが流行っていますが、40代の男性に似合うジャケットを着たいと言う場合には体にピッタリのサイズ感がおすすめです。

しかしここで誤解をしていただきたく無いのですが、大人のサイズ感で言うピッタリは、若者間で流行っているジャケットの生地が体に引きつける位のピチピチ感と言う意味ではありません。分からない場合は、無理に若者の真似をしないで自身の胴の長さや体型、腕の長さに応じたサイズをきちんと紳士服専門店の店員さんに計ってもらって着こなすのがいいでしょう。

特にジャケットを買い慣れていない方は、その際に自分のサイズを覚えておく様にしましょう。

若作りで今若者の間で流行っている裾が短めのジャケットを購入する方もいますが、ファッションに疎い方はなるべく避けた方がいいかもしれません。確かに時代の流れは掴んでいますが、40代に似合うジャケットか?と考えてみるとやや軽薄な雰囲気になってしまいます。

体系的に細身の方であればまだ似合うかも知れませんが、中年太りをしている方が着ると無理矢理感があからさまになってしまいますので気を付けましょう。

男性は40代に入るとそれまでとは違って代謝活動が悪くなってしまうので急に太りやすくなります。働き盛りの40代ということもあり、お仕事が忙しく...

大人のジャケット選びのコツ

最初の1着目は紳士服専門店の店員さんに選んでいただいたとしても、ずっとそればかりでは自分でジャケットを選ぶ楽しみがなくなってしまいますので、自分でジャケット選びのコツを習得しておくといいです。何処のお店に行ってもハズレのない自分に似合うジャケットを選ぶことができます。

ジャケット選びのコツで欠かせないのが色の選択

やはり周りからの第一印象として目に入るのが上半身となりますし、着ている物の色味となります。

そこで中年にお似合いの色味としては黒か紺色です。

黒を紺色に変えただけでも印象がガラッと変わります。黒でも良いのですが、ちょっと地味目の顔立ちの方は見た目が老け込んでしまう傾向にあるのでそこは自身で確認しながら決めていくといいでしょう。

紺色を象徴付ける内容として昔からの定番で『紺ブレ』と言って紺色のブレザーが大人のジャケットとして定番になっているからです。ジャケット選びのコツの一つとして40代に似合う色味は紺色と言うことを覚えておいていただければと思います。

ネイビージャケットにデニムシャツ

ジャケットの着こなし
出典:https://www.pinterest.jp/

大人のカジュアルファッションが出来上がるスタイルです。ネイビージャケットにデニムシャツとスウェットパンツと綺麗にコーデがまとまっており、シンプルだけどカッコいい雰囲気が演出できています。ネイビーは組み合わせに最適の色合いなので着こなしもしやすいです。

ビジカジと言う言葉をご存知ありますでしょうか。 ビジカジとは早くは欧米ではすでに取り入れられておりましたが、日本では比較的最近の地球温...

ジャケットの素材はウールがおすすめ

人と個性をつけたいからと言って綿や麻を選ぶとシワが残りやすくなり、管理が大変です。小まめに手入れを行わないとせっかくジャケットを着ていてもだらし無く見えてしまいます。

ジャケットの素材がウールであれば外出先でシワがついても復元し易いこともあり、楽なのでおすすめです。見た目に関しても確かに綿や麻には良さがありますが、大人の雰囲気を演出するならウールの質感が良い感じで周りに対しても安心感を与えることができるでしょう。

大人ジャケットの素材はウールと認識しておくと良いでしょう。

ボタンにも気を使っていこう

ボタンの数に関することですが、2つボタンや3つボタン、また段返り3つボタンと複数あり、各年によって流行りがあり、迷ったりしますが、シンプル且つ流行の影響が受けにくい2つボタンを選ぶと良いでしょう。

ワンパターンが解消され組み合わせが楽しめるのもジャケットの魅力

今までジャケットをあまり着たことがなくて無頓着だった方も失敗しないジャケットの選び方のコツを何となくご理解いただけたのではないかと思います。

欲しいデザインや色味の物があった時に、少しだけ丈や袖が長かったりする場合もあるかもしれませんが、我慢をしてそのまま着るのはダサくなるので避けましょう。その場合は、多少のお金を払ってでも袖や裾の長さはちょうど良い長さにしたり、別のジャケットの購入を検討した方が良いです。

最初のうちは上手く選ぶことができずに後悔することもあると思いますが、コツを周知しておけば、だんだんと自分に合ったジャケット選びができるようになります。それまではスーツ派だったのが気がついたらジャケット派になっているかも知れません。

ジャケットはスーツと違い、パンツとの組み合わせができると言う楽しみ方があります。

奥が深いのですが一度コツを掴んでしまうと色々なラインナップを揃えるのが趣味になってしまう方も結構いますよ。

パンツとのコーデが欠かせない要素になるのですが、コーディネートをしていくうちにそれも慣れてきます。上に記載をした紺色のジャケットであればパンツの色はベージュや黒、グレーなどが合います。色々な組み合わせができるので自分でも楽しめますし、周りからもワンパターンだと思われることもないでしょう。