クリスマスにまだ間に合う!大人モテファッションはシックカジュアルで決める

クリスマス

大人だからと言ってダンディなコーデにし過ぎると近寄りがたいですし、ファッションに無頓着だと一気におじさんになってしまいますよね。

こんなファッションの悩みはありませんか?

  • デートに着ていくファッションが上手く決まらない!
  • そろそろおじさん世代だから、歳相応のかっこいいファッションがしたい!
  • 服装がダサいと言われてしまった(泣)どうすれば良いんだ…

簡単に着こなせてカッコよく見えるお手軽モテファッションをすればこんな悩みも解決するはずです。シック+カジュアルを目指せばクリスマスまでにモテコーデが完成しますよ。

モテコーデにならないのは、芸能人を意識してるから?

モテコーデで重要なのは、現実味があるファッションで女性が隣に並んでも恥ずかしくないようなコーデにする事です。つまり、モテると言われてる大人芸能人を真似てはいけないのです。

例えば代表的な芸能人がジローラモさんです。

彼はピカイチのセンスで、誰もが真似できないようなファッションをコーデします。彼のジャケットファッションやマフラーの巻き方は参考になりますが、彼だからこそ合うキザなファッションや鮮やかなジャケットなどを身にまとってる時もあります。

それを一般人がそのまま真似してしまうと、現実味がなくて隣にいるのが恥ずかしいコーデになってしまいます。

芸能人を真似するのは悪い事じゃないのですが、芸能人だからこそ合うコーデまで取り入れてしまう場合があるので真似し過ぎないようにしましょう。そして、真似して良いのは奇抜じゃないファッションだけと覚えておきましょう。

シックな色とアイテムにカジュアルを取り入れるファッションがモテる

芸能人を真似しないならどうすれば良いのか?それは、シックな色とアイテムをベースにしカジュアルアイテムを1点入れるようにするのです。

カジュアルさを抑えるのが大人ファッションですが、全くなくなってしまうとキザっぽくなってしまったり、現実味ではないセレブファッションなど近寄りがたいファッションになってしまいます。そうなるとモテファッションとは言えないため、カジュアルアイテムを1点投入するのです。

一度に着るのは3色まで!色は落ち着いているたダーク系で

モテコーデを紹介する前に大事なのが、ファッションで利用する色味です。最も大事なのが色は3色までにする事であり、3色は落ち着いた色にします。

例えば、ダークレッド、ネイビー、ホワイトです。レッドを主役にしてネイビーとホワイトは引き立て役にします。また、マスタード色、カーキ、ブラックの3色にしたり、グレー、ホワイト、ブラックにしたりなどです。

3色までなので、2色でもオッケーですよ。

3色以上をコーデに利用すると、カラフルになって大人っぽさが薄くなります。

そして蛍光のピンクなどを選んでしまうと、落ち着いた色ではないので落ち着かない男性の印象が強くなりモテません。

全身で3色まで、落ち着いた色にする事の2点はベースになるので、どんなファッションをしても覚えておきましょう。

タートルネックで暖かさと優しさを

冬に暖かさを追求できるのが、タートルネックノニットです。首元に太いニットがあると、暖かいだけでなく優しい印象になります。

このタートルネックニットを落ち着いた赤にし、チェスターコートとパンツは黒にすると2色コーデでファッションがまとまります。そして、赤が主役で暗い印象にもなりません。

これに革靴やドライビングシューズを合わせて大人ファッションにするのも十分に良いのですが、シックカジュアルにするにはスニーカーを合わせます。スニーカーを白にしても、赤、黒、白の3色で抑えれますよね。

スニーカーは白ならカジュアル過ぎず、シックなファッションやきれいめファッションに合いやすいです。シックカジュアルを目指すなら、白スニーカーを1足は持ってると便利です。

ニットと白シャツを合わすときはジョガーパンツで

次に首の部分が丸くなってるニットを使ったファッションです。ニットは大人男性にとって使いやすいアイテムなので、何枚かあるとそれだけで着回しができますよ。

そしてジョガーパンツとは、ランニングパンツをファッションに取り入れたものです。ズボンの裾がゴムで絞ってあり、イメージとしてはズボンの裾をめくり上げたような形です。ランニングパンツが元なので、カジュアル感が強いアイテムです。

そんなジョガーパンツに合わせるのは、絶対にシックで大人っぽいアイテムです。ジョガーパンツがカジュアルを強めるため、大人っぽいアイテムを合わせればおしゃれでモテるファッションができます。

ニットをグレーにし、下に着るのは白ワイシャツにします。そしてジョガーパンツをネイビーにし、Pコートもネイビーにします。これで3色です。ジョガーパンツのカジュアルさがシックな白ワイシャツやニットが中和し、大人のモテファッションになります。ジョガーパンツを大人が履きこなせばおしゃれ上級者になれるため、ぜひ取り入れてみて下さいね。

足元は、ジョガーパンツならスニーカーやスリッポンなどカジュアルな靴を合わせる人が多いです。そのため、靴はなるべくきれいに見える(白や黒など落ち着いた色とデザイン)ものを合わせると良いですよ。ジョガーパンツとカジュアルシューズだとカジュアルアイテムが2点も取り入れてしまいますが、これは特例です。

ジョガーパンツに革靴やオペラシューズなどを合わせるファッションもありますが、カジュアルシューズの方がしっくりきます。

シックカジュアルならばここのブランドへ!

シックカジュアルはアイテムさえ選べばコーデできるので、GUでもしまむらでも店は選びません。しかし、シックカジュアルがどんな雰囲気なのか知りたい、コーデの参考にしたいとなったらお勧めなのがエディー・バウアーのオフィス向けアイテムです。

オフィスに着ていくような服がラインナップされていて、シックカジュアルに使いやすいアイテムが多くあります。エディー・バウアーはアメリカンカジュアルが強いショップなので、オフィス向けと一般向けを合わせるとシックカジュアルが完成しやすいですよ。

また、40代~50代男性にお勧めなのがDo Classeです。できる大人向けで、仕事もプライベートも着回しができるようなアイテムが多数あります。カッコよくてモテるコーデの参考になり、キザっぽさがないちょいカジュアルコーデが見れます。

どちらもモデルが外国人男性で、こんなカッコよく着こなせない!と思うかもしれませんが、日本人でも無理がないコーデができます。洋服の値段はそこまで高いお店ではないので、無理なく揃えられるでしょう。

モテるファッションはきれいめが簡単

大人男性がモテるファッション、失敗しがちなファッションなどを紹介してきましたが、色々と難しく考える事はありません。ようは、きれいめにしてカジュアルアイテムを入れるだけです。

きれいめ9割、カジュアル1割ぐらいのバランスがモテる比率です。そのカジュアル1割で取り込みやすいのが、スニーカーなどのカジュアルシューズです。

きれいめのスニーカーだと、ラフな感じが程よく出て近寄りやすい男性になります。それだけやれば、クリスマスまでにはモテる大人ファッションに近づきますよ。そして、女性が隣に並んでも恥ずかしくない男性が出来上がるはずです。