もしかしたらアナタも?40代男性の残念なファッションとは

街中を歩いていて、「あの人かっこいいのになんか残念だよね」「服のセンス、あれってどうなの?」と思ったことはありませんか?いくらイケメンでも、スタイルが良くても、ファッションセンスがいまいちだと全体的に残念な印象を与えてしまいます。

それなりに人生経験を積み、社会的地位も築いてきた40代男性だからこそ似合うファッションもあります。

しかし、自分では「いい!」「似合ってる」と思っていても、実は回りから「残念」だと思われているかもしれません。

ここでは、40代男性にありがちな「残念なファッション」を紹介したいと思います。

全体的な印象について確認したいならリンク先の記事がおすすめです。
40代の男性がオシャレをする前に気を付けておきたいNGファッションではどういったスタイルが40代の男性に合っているのかまとめていますのでNGファッションについて詳しく知りたいならチェックしてみるといいでしょう。

Tシャツ+ジーンズ+スニーカー

若者に人気の「Tシャツ+ジーンズ+スニーカー」というカジュアルなスタイルは、年齢を問わず着られる、と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、このカジュアルファッションが許されるのは30代まででしょう。

40代という「いい大人」の年齢になったのですから、年相応の格好をしなければいけませんよね。

Tシャツにジーンズ、そしてスニーカースタイルでは、「いい歳なのに…」と思われてしまいます。

ここで一つ確認しておきますが、Tシャツ+ジーンズというスタイルが「すべてNG」いうことではありません。

カジュアルな中にも大人らしさを出せばよいのです。

Tシャツの上に、ジャケットを一枚羽織ってみましょう。

これだけで「しっかり感」を出すことができますよ。

ダメージデニム

デニムのパンツは、誰でも一枚は持っていることでしょう。

デニムは高価なものも多いですから、中には「若い頃に買った」というものもあるかもしれませんね。

一見シンプルで着る人を選ばないイメージのある「デニム」ですが、やはり年齢とともに似合うものは変わってきます。

40代になったら迷わずサヨナラしてほしいのが、「ダメージデニム」です。

膝のあたりが色褪せたりほつれたりしているダメージデニムが似合うのは、20代までだと思ってください。

ほどよいカジュアル感が出せて、何にでも合わせやすいデニムですが、ダメージデニムは「だらしない」と思われてしまいます。

汚れた靴

意外と見られているのが「靴」です。

おしゃれな人は足元から、というように、靴が汚れていたらせっかくおしゃれをしても台無しです。

その日その時のシチュエーションに合わせて、靴はスニーカー・ローファー・革靴などを履きわけましょう。

いつ買ったの?というようなボロボロのスニーカー、かかとのすり減った革靴は捨ててください!まだ履けるしもったいない…と思うかもしれませんが、靴のせいで「残念な人」というレッテルを貼られてしまったら、そのほうがもったいないですよね。

さて、40代男性にありがちな「残念なファッション」をいくつか紹介しましたが、いかがでしたか?当てはまるものがあったという人もいるのではないでしょうか。

今からでもまだ遅くはありません!「大人かっこいい」男性を目指して、残念ファッションは卒業しちゃいましょう。

40代の男性がオシャレをする前に気を付けておきたいNGファッション