40代のメンズファッションでジーパンはどうやって着るべき?

ジーンズを履いた男性

40代になると、カジュアルなだけでは歳相当のファッションだとは言えません。カジュアルな中にも大人らしい紳士さが必要になります。紳士らしさが必要だと言っても、プライベートファッションではジーパンは欠かせないですよね。

若い時から履いているような、思い出があるジーパンならばなおさらずっと履きたくなります。

そこで、40代男性におすすめのジーパンファッションはどんなファッションなのかジーパン別に見ていきましょう。

ジーパン別のファッションについて

深いブルーのジーパン

深いブルーのジーパンはカジュアルでもオッケイ

ジーパンでも、紺色だったり深いブルーのジーパンは大人らしさがあるジーパンです。そのため、あまりカジュアル過ぎないので特に意識しなくても40代男性にぴったりのファッションができます。 

濃いブルーのジーパンならば、合わせるのはブルゾンやジャンバーなどのカジュアルなファッションでオッケイです。トップスがカジュアルでも、ボトムスが濃い色なので大人らしさがあり、40代男性でもなんなく着こなせます。

フードがついたアウターを合わせれば、カジュアル過ぎない落ち着いたファッションができます。または、襟つきのジャケットやワイシャツを合わせればきれいめコーデになっておしゃれなレストランのランチにも行けます。

薄い色のジーパンは、襟つきのジャケットでカジュアル過ぎずに着る

濃い色のジーパンとは反対に、薄いブルーのジーパンはカジュアル感が出ているズボンです。40代男性だとカジュアル過ぎるパンツなので、ここはトップスを襟つきのジャケットにしてあげたり、ワイシャツを着て大人らしさを出したいところです。

薄いブルーによく映えるのが、薄いピンクです。ワイシャツを薄いピンクにして、ジャケットも薄い茶色にしたら優しい男性というのを印象つける事ができます。または、ジャケットだけ紺などの濃い色にするとコーデが引き締まって見えます。

ダメージジーンズはなるべく避けて

40代の男性でも、ダメージジーンズが好きという人はいるでしょう。しかし、40代でダメージジーンズはあまりファッションとしてはよくありません。アウトローな感じがしてしまい、危ないおじさんになってしまいます。もしどうしても履きたいならば、ワイシャツやジャケットで大人らしさを存分に引き出しましょう。

40代ファッションのジーパンは、カジュアルならばトップスを紳士に、ジーンズが紳士ならば、カジュアルでもオッケイです。持っているジーンズが、どちらの分類に入るのか考えて見るといいですよね。また、これからジーンズを買おうというならばファッションの参考にしてみてください。そして、40代ならば適度に細身のストレートジーンズがおすすめです。だぼっとしていると、あんまり紳士らしさは感じません。ヒップホップかよ!と突っ込まれないように、適度に細身にしましょうね。また、細身過ぎると今度は、ロックかよ!と突っ込まれます(笑)

40代男性のジーンズ姿について

ジーンズ姿

10代や20代の時にはいつもジーンズを履いていた方もいらっしゃるかと思いますが、30代や40代に入ると一気にジーンズを履いている人が減ります。

海外だとそこまで年代別のジーンズ人口が変わらないのですが、日本人は少ない傾向にあります。欧米人と違って体系的なこともありますが、それ以外の理由としては普段の仕事着がスーツの人はジーンズに対して抵抗がある場合が多いためです。

またジーンズは若者が履くものだと言う固定観念があるために似合わなかったり、履き慣れていないと言う習慣的なことも大きく影響しているのでしょう。

40代の男性には改めてジーンズの良さを思い出していただき、チャレンジしていただきたいと思います。
ここからはジーンズの履き方や選び方についてご説明していますので、参考にしてみてください。

なぜジーンズが似合わなくなるのか?

記載をした通り履き慣れていないと言う単純な理由の場合もありますし、また体系的なこともあります。

40代の男性の方で『自分はなぜジーンズが似合わない』と悩んでいる方は以下の要因を参考にしてみて下さい。

メタボ体型

お察しが付いているかも知れませんが、メタボ体型の一番気になる部分はたっぷり付いているお腹周りのぜい肉になります。

ジーンズを履いた時には必然的にベルトの上にぜい肉が乗ってしまっている何とも情けない見栄えになってしまいますので、自他共に似合わないことを認めざるを得ません。

特に40代の男性になると代謝が鈍ってくるのと同時にお酒を飲んだり外食が多い方はメタボに体型になってしまう方も少なくありませんのでジーンズの似合う40代男性になりたいなら体型維持には気をつけましょう。

男性は40代に入るとそれまでとは違って代謝活動が悪くなってしまうので急に太りやすくなります。働き盛りの40代ということもあり、お仕事が忙しく...

お尻が大きい体系

どちらかと言うと大抵の40代男性の場合にはお尻が小さなタイプの方が多いのですが、たまに肉付きが良くて女性の体系の様にお尻が大きめなタイプの方がいらっしゃいます。

元々ジーンズと言うのは腰で履くようにデザインされておりますので、お尻が大きな方の場合には全体的なシルエットがちょっとアンバランスになってしまいます。

男性は体型的に腰回りとウエストの差が女性ほど差がありませんのでジーンズを選ぶ時にそんなに困ることはないのですが、ただお尻が大きい体型の方はウエストでジーンズを選んでいるとお尻の部分がキツく張ってしまい、周りから見た時に『あの人はお尻がパンパンだ』と思われてしまいます。

逆にお尻に合わせると今度はウエストや足がブカブカになってしまいます。

なぜジーンズが似合わないのかを考える際には一度ご自分のお尻の形を確認してみると良いでしょう。

ファッションの見直し

どうしたらジーンズが似合う40代の男性になれるのかということについてですが、体型的な要因の他にファッションの見直しをしてみると良いでしょう。

しかし40代になって今さらファッションには興味がない人も多いはず。いきなりファッションの見直しと言われても方法が分からない人もいらっしゃるでしょう。

そんな方たちのためにいくつかのファッションの見直し方法をお伝えいたします。

ジーンズにはスニーカーが合うことを意識しよう

仕事着の延長でジーンズを履こうとすると革靴になりますので、これはミスマッチとなりますので必ずジーンズとスニーカーはセットで覚えておきましょう。

スウェットパーカーの活用

ジーンズとスウェットパーカーの組み合わせはいわば定番と言って良いほどの組み合わせになります。トップスとの合わせが他人からも見られるポイントになるので気を付けたいところ。

もし40代からジーンズを履きこなしたいと考えている方はアメカジであったジーンズとスウェットパーカーの組み合わせはカジュアル感あふれる年代に関係なく誰が見ても違和感がないコーディネートとなりますのでまずはグレーのスウェットパーカーから合わせてみると良いでしょう。

春秋におけるファッションの見直し

春秋で見直しを行う場合にはフライトジャケットを活用すると良いでしょう。

これは数年前に流行ったMA-1に代表されるカーキ色の物ですが、フライトジャケットは必ずリバイバルするファッションアイテムの一つになり、ジーンズともとても良く似合います。

同じ様な組み合わせでいくとライダースもそうです。

最近では、女性でもライダースを着ている方が目立ちます。必ずバイクに乗っている人しか似合わないということではなくなっています。

この様にジーンズに合うファッションの見直しは40代からでも定番のアウター類を活用すればいつでも始めることができますので、ジーンズを履きたいと思っている方は検討してみて下さい。

コーディネート次第でお兄さんにもなれるが、おじさんにもなってしまう40代はファッションで自分をどう見せるかが大切ですよね。 ダサい服を...

ジーンズ選びで押さえておきたいメーカー

ここでは代表的なジーンズメーカーのご紹介をさせていただきます。数あるジーンズメーカーの中で皆さまに合う逸品を見つけていただければと思います。

リーバイス501

ジーンズと言えばリーバイスと言える程の定番メーカーになりますが、いつまでも変わらないモダンでストレートなシルエットが40代の落ち着いた年代にはジャストフィットするはずです。

経糸に太さが異なる糸を合わせていますので凹凸感がある雰囲気に仕上がっているのが特徴的です。もしジーンズの選び方で迷った時にはリーバイスを選べば間違いありません。

ビッグジョン

国内における初のジーンズメーカーと言えばビッグジョンになります。

ジーンズの選び方で、メードインジャパンが良いという方はビッグジョンの名作であるM3シリーズ、特に1970年代に作られたM3002はスリムフィッツをモチーフに作られた名作になっています。

ストレッチデニムなので履きやすさには自信があります。

エドウィン

ジーンズの選び方で海外ブランドでもう一社外せないのがエドウィンです。有名俳優を起用したCMは誰しもの目に留まり一躍有名になりました。

その中でも503は2017年に20周年を迎えリニューアルで再登場しました。

歴史のあるジーンズですが、綿100%の素材はストレッチが効いていますので40代からジーンズを始めたいと言う場合には履き心地が良いストレートタイプのジーンズとなっています。

以上、ジーンズの選び方を行うに当たってこの3社を抑えておくと良いでしょう。

40代男性のジーンズ選び

40代男性のジーンズ選びを行うに当たっての選択方法をご紹介してきました。

つい大人のカジュアルファッションと言うとチノパンを連想しますが、40代男性のジーンズ選びを上手く行えば50代や60代になってもいつまでも若々しい男性でいられることができます。

また40代男性のジーンズ選びを上手く行うということはファッション全体を見直すことにもつながって行きますのでトータルコーディネートとして髪型が変わったりメガネが変わったり、帽子を着用する様になったりと全体的なイメージが変わってくるはずです。

良い意味で40代男性のジーンズ選びが皆さまの個性を変えることにもなるでしょう。

40代に入ったからと言って落ち着いたファッションにとどまらずにカジュアルでいつまでも若々しくいたいという方は是非ジーンズにチャレンジしていただきたいと思います。

ほかにも押さえておきたいファッションは、色々あります。通販サイトを参考にするのもいいのでまずはチェックしてみることが一番でしょう。40代男性ファッションのコーデにおすすめしたい通販サイト12選でその中でも良い通販サイトをまとめています。