40代のメンズファッションでジーパンはどうやって着るべき?

40代になると、カジュアルなだけでは歳相当のファッションだとは言えません。カジュアルな中にも大人らしい紳士さが必要になります。紳士らしさが必要だと言っても、プライベートファッションではジーパンは欠かせないですよね。若い時から履いているような、思い出があるジーパンならばなおさらずっと履きたくなります。そこで、40代男性におすすめのジーパンファッションはどんなファッションなのかジーパン別に見ていきましょう。

深いブルーのジーパンはカジュアルでもオッケイ

ジーパンでも、紺色だったり深いブルーのジーパンは大人らしさがあるジーパンです。そのため、あまりカジュアル過ぎないので特に意識しなくても40代男性にぴったりのファッションができます。 

濃いブルーのジーパンならば、合わせるのはブルゾンやジャンバーなどのカジュアルなファッションでオッケイです。トップスがカジュアルでも、ボトムスが濃い色なので大人らしさがあり、40代男性でもなんなく着こなせます。

フードがついたアウターを合わせれば、カジュアル過ぎない落ち着いたファッションができます。または、襟つきのジャケットやワイシャツを合わせればきれいめコーデになっておしゃれなレストランのランチにも行けます。

薄い色のジーパンは、襟つきのジャケットでカジュアル過ぎずに着る

濃い色のジーパンとは反対に、薄いブルーのジーパンはカジュアル感が出ているズボンです。40代男性だとカジュアル過ぎるパンツなので、ここはトップスを襟つきのジャケットにしてあげたり、ワイシャツを着て大人らしさを出したいところです。

薄いブルーによく映えるのが、薄いピンクです。ワイシャツを薄いピンクにして、ジャケットも薄い茶色にしたら優しい男性というのを印象つける事ができます。または、ジャケットだけ紺などの濃い色にするとコーデが引き締まって見えます。

ダメージジーンズはなるべく避けて

40代の男性でも、ダメージジーンズが好きという人はいるでしょう。しかし、40代でダメージジーンズはあまりファッションとしてはよくありません。アウトローな感じがしてしまい、危ないおじさんになってしまいます。もしどうしても履きたいならば、ワイシャツやジャケットで大人らしさを存分に引き出しましょう。

40代ファッションのジーパンは、カジュアルならばトップスを紳士に、ジーンズが紳士ならば、カジュアルでもオッケイです。持っているジーンズが、どちらの分類に入るのか考えて見るといいですよね。また、これからジーンズを買おうというならばファッションの参考にしてみてください。そして、40代ならば適度に細身のストレートジーンズがおすすめです。だぼっとしていると、あんまり紳士らしさは感じません。ヒップホップかよ!と突っ込まれないように、適度に細身にしましょうね。また、細身過ぎると今度は、ロックかよ!と突っ込まれます(笑)

押さえておきたいファッションは、色々あります。通販サイトを参考にするのもいいのでまずはチェックしてみることが一番でしょう。40代男性ファッションのコーデにおすすめしたい通販サイト11選でその中でも良い通販サイトをまとめています。