中年太りのせいでコーデがダサくなる。ぽっこりお腹の40代男性でもおしゃれに見えるメンズファションとは

中年

男性は40代に入るとそれまでとは違って代謝活動が悪くなってしまうので急に太りやすくなります。働き盛りの40代ということもあり、お仕事が忙しく食事のバランスが不規則になりがちです。

気がついたらウエストが5センチアップしていたという方もたくさんいるはず。

しかしたとえお腹周りが出てきたとしてもおしゃれをしてかっこよく見られたいという気持ちは40代の男性でもあるもの。中年太りになってもシルエット、色味、柄に気を付ければお腹周りもシュッと引き締って見えるのでぽっこりお腹を目立たなくすることは出来ます。

出てしまったお腹を目立たせずにいかにおしゃれに着こなしをして行くかということがポイントになりますが、このページではぽっこりお腹の中年太りの40代男性のファッションの悩みとどの様なアイテムが似合うのかをまとめています。

ぽっこりお腹のファッションの悩み

中年太りでぽっこりお腹に…ファッションでは多くの40代の男性を悩ませています。

年齢を重ねて行くとどうしても代謝が落ちてしまい、40代は中年太りに陥ってしまいがち。運動をしたり食事に気をつけないといけないと分かってはいつつも、なかなかできずに気がついたら中年太りとファッションの悩みに直面している場合がほとんどだと思います。

中年太りは仕方がないとしてもおしゃれなメンズファッションを着ても何故かしっくり来ない。この場合、体の大きさに対して洋服のサイズが合わないという不均一なバランスが原因となっていることが多いのです。

またスーツやオフィスカジュアル以外のシーンでも中年太りとファッションの悩みを払拭できる様な上手い着こなしがないかと考えてしまうこともあるはず。

ただ着こなしのポイントやコツを覚えれば40歳以上の中年太りの体型が目立たなくて済む様にファッションを楽しむこともできるのです。

ダイエットをして痩せることも大事ですが、それが出来ないから今の体型でおしゃれを楽しみたいはずです。楽しむ方法として以下に気を付けていただければと思います。

中年太りでも似合うファッションの見つけ方

腹が出ている、太っている、痩せているなど全ての人を含めてファッションで大切なことはまずサイズ感です。

体が大きく全体的に太っているのであれば大きなサイズを選べば良いのですが、よく中年太りでも似合うファッションの見つけ方で誤解をされているのが、とりあえず大きな洋服を買っておけば良いだろうと思ってサイズを上げてしまうことです。

中年太りの体型に自信がないので全てを覆い隠してしまいたいという気持ちは分かりますが、だからと言って40歳を過ぎた男性がダボっとした服装を着ているとパット見がだらしなく見えてしまい、余計に太って見えてしまったりと大人の落ち着いた雰囲気が無くダサく見えてしまいます。

中年太りの大多数はお腹が出ているだけで肩や腕、足などはたいして太っていないことが多いので全体的にサイズを大きくしてしまうとコーデに失敗します。

だからと言って太っている部分を隠そうとしてタイト過ぎる洋服を着てしまうのも逆に太ったお腹が目立ってしまいます。

解決策としては、お腹周りが苦しくない程度でちょうど良いサイズ感の洋服を着用すること。そして見せれる体の部位でアピール、膨張色を避け収縮色を引き締めたい場所に取り入れることが大事です。

それが何よりの中年太りの方に似合うファッションだといえます。

中年太りの着こなし方のコツ

着こなしを変えることは今ある洋服でも試すことができます。悩みを解決したいという方は中年太りの着こなし方のコツさえ覚えればすぐにでもスタートすることができるでしょう。

体の部位のみを露出する


出典:http://qzilla.jp/style/0031.php

体の部位でここは自信があるという所を露出して行くということです。具体的には首や手首、足首になります。

この3箇所は、40代の中年太りでお悩みの方でも露出することができる場所なのでアピールするにはもってこい。

人間の視覚的な心理を使った物ですが、3箇所の中でいずれかでも露出部分を強調すると細く見える効果が期待できます。ロールアップさせ足首のラインが見えることで足首の細さや足元が涼しげに見える効果が期待できます。

ホワイトのスニーカーや靴下もおしゃれなものを選べば足元の存在感でこなれ感を出すだすことも可能です

シャツのロールアップ

手首も同じくシャツを手首が見えるくらいに袖をまくり、肘から下を露出させることで腕を長く見せることができるので有効な方法となります。また余裕のある袖ほど腕は細く見えるのでほどよいバランスが大事。

鏡を見てしっくりこない場合は、シャツやパンツをロールアップで調整してみるのと結構いい感じに仕上がることもあります。

首に関しては日頃から露出していることが多いかと思いますが、寒い時期に首を隠すタートルネックを着ると首が短く見えて体のバランスが崩れてしまいますので気をつけるようにしましょう。

色や柄の選び方


出典:http://qzilla.jp/style/0096.php

色や柄の選び方によっても効果が違い、コーデ次第でおしゃれに見えます。色や柄物も手持ちの洋服を活用できますので直ぐにでも試すことができるのが大きなポイントです。

普段洋服を選ぶ際に色の効果を考えたことはありますでしょうか?色には膨張色と言って、例えば全く同じ容量や大きさでも色の違いによって大きく見えたり小さく見えたりする効果があるのです。

この現象を是非中年太りでお悩みの方に活用していただきたいと思います。

具体的にはどの様な色かといえば実際よりも大きく見せる効果のある色味は一般的に薄い色味とされています。白をはじめとしてパステルカラーに例えられるぼんやりとした色味になります。

逆に反対色の黒や紺色に例えられる濃いめの色味こそが収縮色になります。40代の中年太りでお悩みの方は収縮色を積極的に取り入れて行くと、気になるお腹周りもシュッと引き締って見えます。

例えばスーツは、白と黒や紺色など濃いめの色味が多いのですが、スーツのお腹付近のボタンを閉めるとお腹周りもシュッと引き締まってカッコよく見えますよね。

ただ、幾ら濃厚な色が良いからといって全身を黒で纏ってしまうと野暮ったくなってしまいます。太ってしまった部分に対して収縮色を活用する様にした方がいいということです。

色の他にも柄によっての違いも有効となりますが、ボーダー柄は一番使用をしてはいけない色となります。これは太った部分を更に横に広く見せてしまう効果があるためです。

逆にストライプの柄になると垂直のシルエットになりますので、中年太りが目立たなくなり、スッキリした姿に見えます。

この様に色味と柄によって中年太りを隠すことができますので、上手く活用していきたいところ。

40代の男性ならたたずまいにも気を付けて

中年太りになってしまった40代の男性が行うべきファッションポイントのコツを書いてきましたが、ファッション以外にもたたずまいも気を付けてほしいです。

せっかくジャストサイズと柄の洋服を着合わせても猫背になってしまうと余計に老けて見えたり中年太りが目立ってしまいますので姿勢は正しく保つ様にしましょう。

シャツのボタンをわざと開けて着こなしている人がいますが、開放感があるものの横に広がって見えますのでスリムに見えなくなってしまいます。

絵柄の入ったティーシャツなどはどうしても目線が上半身の絵柄の部分に行ってしまいます。いくら収縮色がベースであってもお腹周りが目立ってしましますので避ける様にしましょう。

40代の男性はシンプルやキレイめでまとめると大人の雰囲気になりやすいです。余計なことはせずたたずまいを考えてファッションを決めればぽっこりお腹の40代男性でもカッコよく見せれます。

色や柄の他に細かなポイントを押さえておけばお腹は目立たなくなりますので参考にしてみてください。