20代や30代とは違う40代男性のファッション!大人が好むファッションを参考にしよう

40代男性のファッション

皆様はファッションについて色々と気を使われていますでしょうか?特に高級なブランド物の洋服を身にまとう必要もありませんが、やはり20代や30代とは違って社会人としてある程度の責任感と立場を見られる年代になってきます。

ですのて最低限でも良いので身なりやファッションはきちんとされていた方が良いかと思います。

常識から考えられる服装は押さえているのか?

では40代男性のファッションを理解するに当たりまして具体的にはどの様な理屈を理解しておけば良いかと言いますと勿論体を動かす運動や昔からの友人、要は子供の頃からの友人て社会人のお付き合いでは知り合った場合ではない時には本当のカジュアル。

極端に言いますとジーンズにヨレヨレのT-シャツでも良いと思います。

しかし休日に会社の人や取引先の人と会う場合には幾らプライベートとは言っても仕事の絡みで会う訳ですからそれなりの格好をして行った方が良いでしょう。

具体的にはジーンズよりはチノパンの方が一般的です。

チノパンは昨今は洋服量販店に行けば2000円~3000円位で販売しています。

そして色もあまり派手ではない方が良く、個人的に赤や青が好きでも黒や紺、ベージュを選んだ方が無難でしょう。

また上半身にまとうものと言うのは特に人の目線的にも一番先にチェックが入り相手の印象に残ってしまいます。

ですので夏であればボタンダウンの半袖シャツやポロシャツが良いと思います。

色もズボンと同じくあまり派手な色ではなく白や白ベースであれば清潔感があってどんな相手に対しても好印象となるでしょう。

また秋冬に関してはダウンジャケットや少しお金に余裕がある人はレザーコートがあるとオシャレに見えます。

尚、最近では本物のレザーで無くフェイクレザーでも十分オシャレに見えますので40代男性ファッションを代表するに値するコーディネートとも言えるでしょう。

後は40代になると結婚をして奥様がいたりお子様がいる人も増えてくると思います。

まだあなた1人であれば良いですが家族がいる人に関しては相手から見られる印象もありますし特に日本人の場合にはご近所付き合いを大切にする文化がありますのでもし『隣の旦那さんの洋服はちょっとありえないよね』などの声が奥様に入ると家族に嫌な思いをさせてしまうことにもなり兼ねません。

更にはお子様に関しては小学生になると授業参観や三者面談をする機会も出てきます。

確かに人間は正確重視ではありますがある程度の身なりも見られますし子供間の間で『○○君のパパの洋服かっこ悪いね』なんて言う噂が立つと嫌な思いをするのはお子様です。

そうすると学校でも孤立してしまうことにもなり兼ねませんので、40代になったら自分1人ではないと言う自覚を持ちながらファッションのコーディネートを選ぶ様にすると良いでしょう。

もしあなた自身がファッションに自信がなかったり疑い場合には洋服屋さんのチラシや40代メンズファッションのコーデにおすすめしたい通販サイト12選のコーデなどを参考にしたりして奥様に意見を求めるのが良いでしょう。

大人の男性が好むファッションやブランドについて

大人の男性

40代以上の男性はファッションに興味がなくなってしまっている人もいて気がついたら奥様やお子さんから『パパダサい』とか『友達からか嫌われるからちゃんとした格好をして』などと言われたりしている方も多いです。

一方で自分では一生懸命ファッションに気を付けているつもりなのにコーデが上手くいっていない方もいます。人のファッションの思考と言うのはおおよそ若いときの影響が大きいものです。

例えば青春時代にどの様な影響を受けたかにより、古着が好きだったらカジュアル路線ですし、革ジャンが好きだったらロックテイストになったり、母親に洋服を選んでもらった方はいつまでも可愛くいて欲しいためにポップ系になってしまうなど、年齢を重ねてもその趣味と言うのはなかなか変わらない物です。

だけど周りのみんなにカッコいい男性だと思われるためにファッションを見直したいと言う大人の男性の方も多いのでどの様にしたら大人っぽくなれるのか?また大人の男性が好むおすすめのブランドについて紹介していきます。

大人ファッションの色使い

一度見ていただきたいのですが、クローゼットの洋服は何色が多いでしょうか?この作業を行うことで現在何色のベースの着こなしが多いのか?また購入する時にはどの様な思考が働いているのかを把握することができます。

一般的に大人ファッションの色使いで多い物は白・黒・ネイビー・グレーとなっておりますので、もしクローゼットの色使いが違っている場合には今後見直したほうがいいでしょう。

これらのモノトーン色が良い理由としては全体の7~8割をモノトーン色にする事で落ち着いた雰囲気を醸し出すことができると言うメリットがあります。また赤や青などの色味に比べてモノトーン同士だと合わせやすいと言うメリットもあることから、大人ファッションの色使いとして人気があるとも言えます。

全身がモノトーンだとつまらない場合には大人ファッションの色使いの一部としてポイントで青、グリーン、赤などを使うのは良いです。ただ使い方としては、なるべくであればトップスにしたほうが良いでしょう。

派手な色味のパンツを履いている方を見かけますが、パンツや靴に派手な色味を持ってくると『あの人は年齢の割に無理をしている』と思われがちです。下半身と言うのは上半身と違って動きますので人の目に留まりやすいですので色使いには注意しましょう。

お手頃なメンズブランド

これから落ち着いた大人ファッションを検討したいと言う方は、まともに雑誌に載っているファッションブランドを購入してしまうと数万円になってしまっていくらお金があっても足りなくてなってしまいます。

1万円以下で購入することができるお手頃なメンズブランドを知っておくと便利です。

まず初めにご紹介をさせていただくお手頃なメンズブランドはGROBAL WORK(グローバルワーク)になります。

GROBAL WORK(グローバルワーク)

なんと言ってもこのブランドはカジュアルなアイテムをリーズナブルで購入することができます。サイズ展開もSからXLまであり、シンプルなデザインがメインとなっていますので、20代~40代以降の方まで幅広い年代層の方にご利用頂くことができます。

またカジュアル以外でもセンタープレスのパンツやジャケットもありますので、大人の方のカジュアルダウンをしたい方にはおすすめのブランドになります。

GAP(ギャップ)

お聞きになったことがあるかと思いますが、GAPはアメリカでも有名で日本でも色々なメディアで紹介されています。高価なイメージもあるかも知れませんが、実は1万円程度で購入できるメンズファッションアイテムも多くお手頃なメンズブランドとなっています。

サイズもSからXLまで豊富に取り揃えており、大人っぽいファッションには欠かせないトーンの色使いやシルエットが多いです。これからファッションセンスを変えたいと言う方のための登竜門と言っても良いでしょう。

THE SHOP TK(ザ ショップ ティーケー)

このブランドはタケオキクチの兄弟ブランドになりまして、カジュアルファッションがメインとなり、週末の大人ファッションを楽しみたい方にはおすすめのアイテムが揃っています。

もちろん無地のアイテムもありますが、オリジナリティー溢れるデザインや柄があり、大人っぽくアクセントを付けたいと言う方にはおすすめとなります。

ワンランクアップのメンズコーデ

お手頃なメンズブランドを一通り揃えれたら既に素敵な大人の男性に近づいているでしょう。ファッションセンスを変える前に比べると雲泥の差が出ていると思います。

どこに行っても恥ずかしくない風貌になっていると思いますが、更にワンランクアップのメンズコーデをするにはどの様なブランドがあるのかをご説明させていただきます。

BEAMS(ビームス)

まず初めにご紹介をするのがBEAMS(ビームス)です。

過去のビームスはセレクトショップと言うイメージがありましたが、最近では自社製品が多くなってきています。

40代が買い物がしやすい落ち着いた雰囲気ショップのになっているのでワンランクアップのメンズコーデを行うには最適のブランドだと言えるでしょう。

ビームスであれば周辺の小物も揃えられる点もワンランクアップのメンズコーデができるブランドショップです。

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

洗練されたワンランクアップのメンズコーデできるブランドとしてUNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)もおすすめです。

全体的に尖った雰囲気のデザインはなく、スタンダードで上品なアイテムが多く大人の男性としてはコーデがしやすいブランドになります。

カジュアルファッションの他にドレススタイルのアイテムもあり、仕事からプライベートまでを揃えられる様になっています。

おしゃれの基本は靴

大人が好むファッションを考えるにあたっておしゃれの基本は靴であることを忘れてはいけません。

子供の時であればどんな上着を着ているかや髪型の良し悪しがバロメーターになっていましたが、大人になると特に女性は男性がどんな靴を履いているか?言ってみればおしゃれの基本は靴であることを認識しているかを見ています。

大人ファッションにおける靴選びはどの様にすれば良いのかのポイントを押さえておく必要があります。

基本的には3つの靴を押さえておけば良いのですが、まず最初は白系の靴です。

白系の靴

特に白っぽい靴は服を選ばずに履くことができますが、その中でも春や秋に活用するとスッキリとした印象を与えることができるのでカッコよく見えます。

白色は汚れやすいと言うデメリットがありますが、購入後直ぐに防水スプレーを吹きかけると汚れにくくいつでも使えます。おしゃれの基本は靴であることをアピールするには白系の靴はおすすめですよ。

黒系の靴

スーツの時は勿論ですが、プライベートでも活用することができる必ず押さえておきたい色の靴になります。ただ黒色単色よりも濃紺や白やグレーが入った物の方が飽きがありません。

無難な色にはなりますが、黒色の靴を履く場合に気をつけたいのがボトムとの組み合わせ。黒ボトムに黒色の靴を履くと年輩やおじさんぽく見えてしまいますので黒色の靴を履く場合には黒色以外のボトムを履く様にしましょう。

ローファー

ローファーは大人のおしゃれの基本は靴と言うことを象徴つけるには代表的な靴の種類になります。特に現在40代の方は一度学生の時に履いたことがある方も多いと思いますので、違和感がないと思います。

40代になるとプライベートにおけるファッションも落ち着いてくる方が多いと思いますので、ローファーを活用することで大人らしさを前面に出すことができます。

この様におしゃれの基本は靴だと言うことを認識して3種類の靴を持っておけばどの大人ファッションにもある程度対応できるのでおしゃれを楽しむなら押さえておいたほうがいいでしょう。

ローファーは中学生や高校生の頃に履いた事がある人は多いでしょう。そんな経験から、ローファーは子供っぽい靴だと思っていませんか? ローフ...

最後に

ただいくら洋服が大人っぽくなったとしてもスニーカーやリュックなどの小物が子供っぽいと今ひとつになってしまいます。

ワンランクアップのメンズブランドを行うに当たっては細かい箇所に気を配ることも大切ですのでまだ上手く理解することが出来ていない場合は、オーシャンズやメンズファッジ、レオンなどのファッション雑誌を参考にしてコーデをしてみると良いでしょう。