ビジネスマンのスーツは仕事に影響あり?40代男性が気を付ける着こなしのポイント

スーツを着た40代の男性

スーツとは言ってみればビジネスマンの制服の様な物です。

学生の時には好きな格好が出来ていましたが、社会の中で仕事をするには身だしなみをしっかりとしなければ相手から偏見の目で見られたりします。

会社の看板を背負ってお客様と商談をする場合にせっかく良い打ち合わせができたとしても身だしなみが曖昧だったために破断になってしまうこともあります。

40代になると会社でもそれなりの責任や立場がありますのでちゃんとしたスーツの着こなし方を知っておかなければなりません。

今回は40代の男性が参考になる様なビジネススーツの着こなしについて紹介させていただきます。

スーツの着こなしは大丈夫?40代には見直しも必要

40代になったら一度スーツの着こなし方の見直しをされることをお勧めいたします。

子供の頃に母親にちゃんと洋服を着なさいとしつけられた様に、スーツの着こなし方の見直しにもいくつかのポイントがあります。

普段は洋服にこだわりがないと言ってあまりにも安く、サイズ感も自分の体型に合っていないスーツの着こなしをしているパターンはヤバイです。まだ20代や30代であれば良いのですが、流石に40代になるとみっともなく見え、会社でも家庭でも40代としてのハクや雰囲気がなくなってしまいます。

また普段からスーツを着ている仕事の方はまだ良いのですが、その時の流行に合わせて確認をして必要であれば見直しをした方が良いです。同窓会など何かのパーティーの時くらいにしかスーツを着ないという人は注意が必要です。

特に久しぶりに会う人とのパーティーの場合にはプライベートだとは言っても40代男性としての品格が問われます。素敵な女性との出会いがあるかも知れませんので独身男性であればオシャレなスーツの着こなしはしていきたいところ。

大人になると公私ともに忙しくなり、なかなか学生時代の友人に会うことも減って来ますが、数年ぶりに同窓会があるととても楽しみです。 同窓会...

スーツの着こなし方の見直しをしている人とそうではない人とでは明らかに違いが出ていますので出会いを求めるのであればそれなりに気を配るべきです。

基本を抑えた上手な40代のスーツの着こなし

スーツの着こなし

では次に具体的に上手な40代のスーツの着こなし方をするにはどの様にしたら良いかと言うことについてお話をさせていただきます。自分はオシャレだと思っている人もおさらいの気持ちで再度確認をしていただければと思います。

スーツのサイズ

たまに見かけるのですが、いくら高価で良いスーツを着ていても肩幅が合っていないとダボダボとして見えてしまいます。

目安としてスーツの片肩山と自分の肩先の位置がほぼ合っていてあまりキツキツではなくて1センチ位ゆとりがあるとベストです。

新たにお店でスーツを新調する場合には店員が見てくれますので心配いりませんが、そうではない場合にはスーツは肩で着ると言うポイントを覚えておいておくと良いでしょう。

体型が細くなって肩幅が小さくなった時には、見直した方がいいポイントです。

スーツの襟から1.5センチ程度ワイシャツを出す

ワイシャツの襟が全てスーツに覆われてしまった方がキチンと着ていると言う発想もありますが、逆に後ろ姿が野暮ったく見えてしまいます。

少し出しておいた方がオシャレに見えますので、もしワイシャツの襟がスーツに隠れてしまう様であればワンサイズ小さな背広を試してみると良いでしょう。

ワイシャツをスーツの袖から1.5センチ程度出す

よくスーツを選ぶ時に肩幅や胸囲に気をつけるのですが、袖は少し長くても動きに支障がないのでそのままにしてしまう方をよく見かけます。

また先ほどご説明をさせていただいた襟の部分よりも袖の方が相手と正面を向いて話している時に目立ちますので印象がカッコ悪く見えてしまいます。

基本的に親指の付け根の骨のあたりでスーツの袖を合わせると良いと言われておりますが、もしそれよりも長い場合には洋服の修理屋さんで直してもらうと良いでしょう。

着丈について

40代の方でも普段の私服が少しダボっとしたスタイルの方もいらっしゃいますが、だからと言ってそれと同じ感覚でいると上手な40代のスーツの着こなし方としてはあまり良くありません。

キツすぎずゆるすぎずと言う意味でスーツの着丈はお尻がやや隠れる程度が常識となったり、最近ではジャストサイズやスリム化のサイズ感が流行っていますのでお尻から1.5センチ~2.5センチ短いタイプが良い見場となっております。

逆にだからと言って短すぎてしまうとモードっぽい雰囲気になってしまいますので気をつけましょう。

スーツを目立たせるために

スーツ自体の選択ではなく、スーツ周辺のアイテムも合わせて確認していきたいところ。

まず最初にご紹介をするスーツを目立たせるために行う方法は、ワイシャツの襟の形についてです。

ワイドカラーのワイシャツを選ぽう

実は普通のワイシャツに比べてワイドカラーは襟が開いているのでネクタイのノット部分が綺麗に見えます。スーツを目立たせるためにネクタイの存在は欠かせませんがネクタイは緩すぎずキツすぎず必ずティンプルを作る様にしましょう。

因みにネクタイのティンプルとは結び目のすぐ下に見えるくぼみのことです。

多くのサラリーマンはティンプルを作っていない場合が多いですが、これがあるとオシャレ度がぐっと上がりますのでぜひ挑戦してみましょう。

ベルトと靴の色を合わせる

慣れてしまえば基本的なことなのですが、普段からファッションに無頓着な場合にはそんなことは気にしない人もいるはず。

靴は茶色でベルトは黒と周りからみるとチグハグな色使いとなってしまいますので普段からベルトと靴は同じ色合いにする様に意識をしておきましょう。

またオシャレは足元からと言いますが、いくらベルトと靴の色味を合わせても靴のソウルがボロボロだったり靴紐がほどけていると、だらし無く見えてしまいますので足元の身だしなみもしっかり気をつける様に致しましょう。

素敵な40代の男性になるために

普段から当たり前の様に着ているスーツですが、素敵な40代になるために少し視点を変えるだけで周りからの印象が違ってきます。

特に春や秋は一年のうちで一番スーツがそのまま露わになる季節となりますのでビジネスマンとして素敵な40代になるためにスーツの着こなし方をもう一度振り返ってみましょう。

ビジカジと言う言葉をご存知ありますでしょうか。 ビジカジとは早くは欧米ではすでに取り入れられておりましたが、日本では比較的最近の地球温...

最近では地球温暖化に伴ってクールビズやウォームビズが一般的になってきていますので夏であれば上着を着ない分スラックスの形や色味に気をつける様にして、冬であればスーツの下にニットを着ることでスーツがどの様に映えるかをご自宅で色々とコーディネートしてみると良いでしょう。

特に昨今ではダボダボ系よりもストレッチ素材が入った生地のスリムタイプのスーツが流行っていますので、素敵な40代になるためには欠かせないアイテムになるでしょう。

気になる方はスーツ専門店のマネキンを見てみると参考になります。

今回の記事がこれから皆さまがビジネスマンとして素敵な40代になるためにお役に立てれば幸いです。