もしかして危ない人ですか?と思われてしまう40代のファッションアイテムとは?

40代の男性と言ったら、紳士的で優しい男性をイメージする若い人が多いです。

そんなイメージを作り出すのは、ファッションです。

もしかして危ない人?と思われないためにも、40代男性がやってはいけないファッションを紹介しましょう。

40代の男性がオシャレをする前に気を付けておきたいNGファッションで駄目なポイントを書いていますのでこちらの記事も一緒によろしければご確認ください。

アロハシャツは勘違いした大人になってしまう

まず40代男性にダメなのが、アロハシャツです。

沖縄ではアロハシャツのような、かりゆしウェアが公的な制服ですが、それはそれで良しです。

しかし、沖縄以外でアロマシャツを着ている40代の男性はただの痛い人にしか見えません。

夏を楽しみ過ぎている大人だったり、なんだか若いと勘違いしている大人になってしまいます。

アロハシャツは夏にぴったりなシャツではありますが、40代になったら卒業した方が良いです。

また、アロハシャツに似ているのがボタニカルシャツです。

アロハシャツは常夏のハイビスカスやパイナップルが描かれていますが、ボタニカルシャツは花柄です。

ガーデンに咲いていそうな花柄なのでアロマシャツと似ていますが、ちょっと大人っぽさがあります。

こちらは、おしゃれに自信がある人ならば着こなしてもいいでしょう。

ピチピチシャツはナルシストな男性という印象に

次に、ピチピチシャツもダメです。

アロハシャツは40代でもワイルドにかっこよく歳を重ねた人ならば良いのですが、ピチピチはもう全面的にNGです。

どんな人でも、辞めた方が良いです。

ピチピチシャツは、若い男性で筋肉がある人ならば良いのですが、40代になると筋肉があってもあまり良いものではありません。

なんだか、自分の体を自慢しているナルシストな男性だと思われてしまいます。

ピチピチシャツで乳首が浮いてみえるのは、もっとダメだそうです。

ワイルドに着こなそうと、ピチピチのシャツにアロマシャツを羽織るのはもうダブルでNGなので辞めましょう。

40代になったら、あんまりダボダボ過ぎるシャツはダメですし、よれよれのシャツもダメです。

適度に体にフィットしたシャツが一番、歳相応に見えます。

そのためには、ワイシャツでもTシャツでも試着して、店員さんにピチピチ過ぎないかチェックしてもらいましょう。

細身のパンツは、えっ?レディースもの?

ピチピチシャツもダメですが、ピチピチのパンツもダメです。

細身のパンツを履いてる40代らしき人もたまにいますが、まるで女性もののパンツを履いている人に見えます。

しかも、やはり細身でピチピチだとナルシストに見えてしまうのは否めません。

細身のパンツは若い男性だと、おしゃれに着こなしができる時もあります。

ヨーロピアンの白人さんは、細身のパンツをおしゃれに履きこなしていますよね。

だけども、40代の男性は細身は避けましょう。

アロハシャツ、ピチピチシャツ、ピチピチズボン。

この3点は、40代男性が着ると危ない人に見えたり、なんだか遊び過ぎている人に見えます。

40代になったら、適度に体にフィットするものと派手過ぎるものはやめましょう。