私服は落ち着いた感じで40代の男性へ

さて、本日は40代の男性ファッションについてのお話をさせていただきます。

ファッションと言うとつい洋服のことだけを着眼してしまいがちですが、本来は実はそうではなくて頭の上から足のつま先までの全てが適応になります。

しかも40代になると10代や20代の頃とは違って社会人としてのある程度の地位や役職についている人もいますでしょうしお年頃の子供がいる方達も多いと思います。

ですので10代や20代の時には全くファッションを気にしていなかった人も、周りから人となりを見られる年齢ですので40代の男性ファッションと言う意味で言うと少し気をつけた方が良いかも知れません。

先ず髪型についてですが髪の毛がボサボサだといくら洋服が素敵でも全体的に不潔に見られがちですのできちんとセットをしておきましょう。

しかし個人差もありますが年齢的に髪の毛が薄くなって来た場合にはそれを隠そうとしがちですが逆にそれが目立ってしまったり、あからさまにカツラだと言うのがバレてしまっても恥ずかしいので敢えてオープンに短髪にしておいた方がスッキリして良いでしょう。

また合わせて元々髭を生やしている人は良いですがそうではない人は無精髭は剃ってなるべく清潔な顔でいる様に心がけましょう。

何と言っても顔は人の第一印象ですからね。

そして何と言っても40代の男性ファッションで一番気をつけなければならないのが洋服です。

特に会社によってはレクリエーションが多い場合もありますので、普段はスーツ姿しか見せていないのに私服の印象が残念だと言われない様にしなければなりません。

別に若い時に来ていたアメカジが悪いと言うことではありませんが会社のお付き合いや近所の人の目が気になる様であれは例えばズボンは色が地味目のチノパンにして上半身は夏であればポロシャツ会社のTシャツ、春秋はボタンダウンのシャツ、そして冬であればダウンジャケットが定番と言えるでしょう。

尚、サラリーマンの人にとっては一週間のうちで考えると圧倒的にスーツを着ている時間の方が長いのである意味私服にお金が掛からなくて良いと言うメリットもあります。

しかしスーツだから着れれば何でも良いかと言うともし、皆さんがオシャレに気をつけたいのであればスーツにも少しは着眼をしてみましょう。

例えば70年代やバブルの頃には自分の体型に対して少し大きめのサイズの物が流行っていました。

そして上着の形もダブルの物でした。

当時は逆にピッタリサイズの物を着ているとダサいと言われていましたが、逆に今の時代ではダボダボサイズの物は流行らずにスリムタイプの物が流行っています。

色味も地味目の物を着ている場合が多く、特に年齢も20代や30代だけではなく40代の男性ファッションとして着ていても若々しく見られるので結婚されている人でも奥様やお子様からも『パパ若い』と褒められると思います。

この様に40代の男性ファッションとしては私服は落ち着いた感じでスーツは今の時代はややスリム目の物や女性からの評価が高い人気のビジネスカジュアル(ビジカジ)ファッションが合っていると思います。