40代の夏のメンズファッションはシンプルな着こなしがおすすめ

夏の男性

これから暑い夏がやってきますが40代の男性の方は、どの様なファッションで今年の夏を乗り切ろうとお考えでしょうか?

20代や30代の時に比べると40代はどうしてもファッションからは遠ざかってしまいがちですが、逆に若年の頃に比べると見た目の味がでてきますので、安価でもそれなりのオシャレをすればご家族や異性からも一目をおかれる存在になります。

中年の場合、若い時には地味だと言われていた何ともないシンプルファッションを着こなしてこそ、色気のある落ち着いた雰囲気を醸し出すことができます。

特に40代メンズの夏ファッションは、シンプルな物が似合う年代となっています。

では実際にどの様なファッションアイテムが40代のメンズには似合い、どの様なコーディネートがお勧めなのかと言うことをご紹介させていただきますので、ぜひ今年の夏の洋服選びでお困りの方は参考にしてみて下さい。

Tシャツの活用

まず最初にお伝えをするのがTシャツの活用です。夏のメンズファッションにおいてTシャツはある意味定番と言っても良いでしょう。

今回ご紹介をするのは柄物やプリント柄、ボーダーの物ではなく、無地のごく一般的なTシャツの活用になります。

若い時の無地のTシャツは、下着代わりだったりパジャマ代わりだったりもしますので、外出の時に着ていくと間違えなく『ダサい』と言われてしまったものです。

しかし体もしっかりしてきて顔つきも大人っぽくなってくると、何故か無地のTシャツでも似合ってしまうと言う現実があります。

また通常は丸襟ですが、Vネックにすると更に個性的なシルエットを作り出すことができますので、ぜひ40代の夏のメンズファッションには無地のTシャツを着てみるのも良いでしょう。


夏の白Tシャツの着こなし方とオススメコーディネート集

Tシャツとのコラボレーション

40代のメンズの夏ファッションにはTシャツがお勧めなことはご理解いただけたと思いますが、Tシャツとのコラボレーションが分かっていないとダサいシルエットになってしまいます。

白Tシャツとグレーパンツ

改めて再Tシャツデビューとしてお勧めなTシャツとのコラボレーションは『白Tシャツとグレーパンツ』の組み合わせになります。

この組み合わせは40代のメンズだからこそ醸し出せる大人の落ち着きを演出してくれます。

またパンツの丈は最近流行っているアンクルネックの物にして短い靴下でシューズを合わせると大人っぽい中にカジュアル感も演出できて良いでしょう。

白Tシャツと黒パンツ

実にシンプルなのですが、『白Tシャツと黒パンツ』が大人ファッションには欠かせません。

もちろんノーマルなTシャツでも構いませんが最近ではVネックの物や胸ポケットが付いているタイプのTシャツが流行っていますので、無地の物でも目立ちます。

また黒パンツが白とのコントラストでメリハリが付きますので、赤や青の原色ではなくても大人っぽく目立ちます。

ボトムにデニムパンツ

その他のTシャツとのコラボレーションとしてはボトムにデニムパンツを合わせても良いでしょう。

この組み合わせも定番にはなりますが、デニムパンツはストレートか細身の濃いめのブルージーンズがお勧めになります。

薄めのユーズドジーンズも合わないことはありませんが、カジュアル感のあるジーンズの中でも濃いめの物は大人っぽさを醸し出すには最適です。

イチオシのコラボレーション

上に記載をさせていただいたのはある意味定番のコラボレーションになりますが、だんだんと定番のファッションに慣れてきたら次のステップとしてイチオシのコラボレーションがあります。

VネックのTシャツにデニムのショートパンツ

同じTシャツでも襟の形が違うだけで全然印象が違ってきます。

またボトムにもただの短パンではなくてデニムのショートパンツを履くことによって半分カジュアル感が出ますが、しかし何故かこなれた大人感が感じられます。

靴はショートソックスでTシャツの色に合わせたスニーカーがベストマッチになります。

今までデニムのショートパンツを履いたことがないと言う方はちょっと勇気がいるかも知れませんが、もし不安だと言う方は膝より少し長めのショートパンツから始めて見ると良いでしょう。

白Tシャツにネイビーのスラックス

通常スラックスと言うとスーツに合わせる物にはなりますが、元々欧米のスタイルとなるこの組み合わせは実にシンプル。

パッと見はミスマッチに見えるかも知れませんが、この当たり前のシンプルな組み合わせが何とも言えない大人の雰囲気を演出してくれるのです。

もし不安な方はアクセントとしてサングラスやハット、ネックレスなどの小物を活用してすると上手くまとまりますよ。

シンプルシャツの活用

夏はTシャツだけではなく、シンプルシャツの活用をすると一味違った大人の雰囲気を出すことができます。

『シンプルなシャツってどの位シンプルなのか?』と言うと本当にシンプルで白無地のポケットだけ付いている物になります。

形としてはワイシャツの様な物ですが、流石に記事は綿ではなく麻やリネンなどの涼しいシャツになります。

シンプルシャツの活用こそが実は女性ウケが最も良いファッションアイテムにもなっています。

男性が夏に向けて筋トレを始める理由には海に行きたいと言う単純な理由だけではなく、ある程度筋肉があった方がシンプルシャツの活用には効果があるからなのです。

そんなシンプルシャツの活用で最もスタンダードなコーディネートと致しましては『白のシンプルシャツとショートパンツ』の組み合わせです。

シルエットとしては上半身が長袖で下半身が短いスタイルになります。グッと大人度が上がるこの組み合わせを楽しんでいただければと思います。

またシンプルシャツの活用としてボトムにチノパンを合わせるのも良いでしょう。

この時にベージュのチノパンを合わせるのもスタンダードですが、もし白のシンプルシャツの活用であればボトムはグリーンでもネイビーでもグレーでも合います。

ただしチノパンの形はストレートか出来るだけ細身にし、少し勇気があればアンクルパンツにするか裾をまくって少し短めにしてみるとオシャレ感が増します。

またプライベートでシンプルシャツを活用するのであれば、シャツはパンツに入れずにボタンも開けたとアレンジすると、初心者の方でも慣れている感じに見えますのでぜひ挑戦してみると良いでしょう。


メンズ春夏の白(ホワイト)シャツ着こなしコーディネート例

ジャケットの活用

大人ファッションといえばジャケットの活用は切っても切れない関係にあります。

若い時には夏場にジャケットなんて暑い、まず着ることが無かったりまだ幼い体つきの時にジャケットの活用をしたとしても年齢に対して背伸びをしている感じがありました。

しっくりこなかったことの方が多かったかと思うのですが、40代は公私共にジャケットが似合ってくる年代になってきます。

暑い夏ですのでジャケットを懸念しがちですが、最近では薄地で清涼感があって撥水系のある高機能な生地がありますので、ジャケットの活用がしやすい時代にもなっています。

夏場のジャケット選びについてはいくら薄地の生地だとしても黒色だと周りから暑っ苦しく見えてしまいますので、色味と致しましてはネイビーやグレーがお勧めです。

家族で食事に行く時や異性とデートをする時にジャケットの活用をすればシャツだけの時に比べて一気に大人度がアップします。


夏のジャケットの着こなし方法とコーディネート集

色使いはオフトーン

夏といえば当然気温が高く暑いです。40代になると代謝が落ちるので夏でもちょっと涼しく感じる人もいるかも知れませんが、大人でも子供でも薄着になることは変わりません。

しかし40代にもなると年齢的に落ち着いていないといけない年齢ですので、周りからも安心感を期待されます。

10代や20代の時とは違って色使いはオフトーンの洋服を活用すると良いでしょう。

特に上半身というのは人の第一印象に刻み込まれますので、Tシャツは赤や青、緑などの明るい色使いではなく黒や紺系などの色使いはオフトーンの物を選ぶ様にしましょう。

パンツに関してもTシャツと同系の色使いはオフトーンの物にすると全体的に落ち着いて見えます。

不思議な物で子供の時にはダーク系の洋服を着ているとただの地味に見えてしまうことが多いのですが、40代になると色使いはオフトーンにすることで、とても落ち着いた感じで相手に対しても安心感を与えることができるのです。

40代は細身のシルエットで清潔感を出そう

前の項目では色使いはオフトーンが望ましいと言うことをお話しさせていただきましたが、ただオフトーンであれば良いかと言うとそう言うことではありません。

特に夏のファッションは薄着になることが多いですので、冬場に比べると全体的なシルエットが出やすくなります。

40代になると部屋着であれば余裕のあるサイズの洋服でも良いかも知れませんが、外出時には細身のシルエットの方が落ち着いて見えるというのが現状になります。

あまりピチピチ過ぎてもサイズが合っていないと思われてしまいますが、シャツについては丈はズボンのベルトあたりで収まり、体のサイズにピッタリ位の物が望ましいといえるでしょう。

ズボンについてもモモの部分が余りダボついてしまうとヒップホップ系のファッションと間違えられてしまいます。

基本的にはストレートに近い形の方が大人っぽいシルエットに見えるので、清潔感や安堵感と言う意味合いからしても40代は細身のシルエットがお勧めになります。

現在40代の方と言うのはちょうど今から20年前位にはトレンディードラマが流行ったこともあり、確かにその頃はディスコブームで男性の方はダブルのスーツが流行ったこともあり、夏場でも太めのファッションが流行ったと言う事実もありました。

その名残で太めのファッションの方が落ち着くと言う方も少なくはないのですが、時代によってファッションにも流行がありますが、今の時代の40代は細身のシルエットの方が異性から見てもオシャレだと思われます。

しかしここで体型が太めの人はどうしたら良いかと言う疑問がありますが、今の時代は伸縮性のある薄地の生地が開発されておりますので、体型に合ったピッタリサイズの洋服を着ても動きやすい様になっているので心配は要りません。

逆に太めのファッションだと夏場は汗を掻いた時に生地がダボついてしまう場合がありますので、今の時代では細身のシルエットの方が着ている本人としても動きやすいと言うメリットも挙げられます。

マローネ・エ・アズーロの活用

何やら聞きなれない言葉が出てきましたが、『マローネ・エ・アズーロの活用』は2つのイタリア語を合わせた物になるのですが、まず『マローネ』はイタリア語で栗の意味があります。

またアズーロとは空の意味があり、これらをファッションの聖地であるイタリアでは栗と空の様に淡い色と爽やかな色のコントラストで魅せる方法として『マローネ・エ・アズーロ』と呼ばれているのです。

例えば上に記載をさせていただいたネイビーのジャケットを着た場合にはボトムには思い切って白色のパンツを合わせたり、日本人ではなかなかありませんが、ライトグレーのジャケットにも白色のパンツが合います。

よくテレビや雑誌でイタリア人のモデルのファッションコーディネートを見てみると確かにマローネ・エ・アズーロを活用している人が殆どです。

とても素敵だなぁと思いながらも自分には似合わないとか、イタリア人だから似合うと思いがちですが、決してそんなことはありません。

冬は寒いのでコートを着てしまうと全身が見えにくくなってしまいますが、夏場だからこそ全身が見えますのでジャケット、シャツ、パンツの組み合わせしやすい季節でもあるのです。

上下を同系の色でキメるのも良いですが、40代ならではのマローネ・エ・アズーロを活用して20代や30代との差を付けるのも良いでしょう。

まとめ

夏だから『Tシャツと短パンでいいやと』安易にコーディネートを決めてしまうのではなく、40代の落ち着いた感じを醸し出しつつも周りからも年相応の雰囲気だと感じでもらえる様なファッションコーディネートのアイデア作りの基にしていただければ幸いです。

10代や20代の時にはまだ若かったのでモデルや芸能人に憧れて好きな洋服を買って派手にキメていたファッションも30代、40代と歳を重ねるごとに気持ちは若いつもりが失敗してしまうことも…。

アメカジやスケーターファッションにもだんだんと無理が生じて来て子供からも『無理な若作りはやめて欲しい』だなんて言われてしまっては、今後どの様なファッションコーディネートをしたら良いかが分からなくなってしまうこともあると思います。

一度自分に似合っているコーディネートが分かると洋服選びもし易くなります。

40代ならではの男らしさをアピールするために、ぜひスタンダードなTシャツやシンプルシャツを活用して、自分自身に合った夏のコーディネートを構築していただければと思います。

ネットショップを利用する場合は、40代メンズファッションのコーデにおすすめしたい通販サイト11選のページを参考にしてみるのもいいと思います。

今年の夏からぜひ挑戦してみて下さい。

外さないおすすめのメンズファッションサイトはこちら

メンズスタイル SPUTNICKS