細身の男性はガリガリ体型を隠せるメンズファッションアイテムでボリュームを出そう

痩せてる男

体の線が細いのは女性からしたら羨ましいんですが、男性で体の線が細いと弱々しく感じてしまいますよね。場合によっては女性よりガリガリで痩せていては気持ち悪いとも言われてしまいます。

体の線が細いから服を着て体型を隠したい。アンガールズみたいだと言われてしまったなど、こんな経験はありませんか?

「中年の男性だと気持ち悪い+おっさん臭い」と思われてしまい、落ち込んでいる人も多いはず。

ただ体の線が細くてもファッションによっては線を隠しておしゃれな大人になるチャンスはあります。細さを隠すならフードなどワンポイントでボリュームがある服を選べば良いのです。

これはガリガリと呼ばれても仕方ない!体の線がモロバレのNGファッション

なぜ体の線が細いとコーデが決まらないのかと言うと普通に洋服を着ているだけだと体の厚みが足りなくなるからです。

女性は細い男性といると、自分の太さが際立って横に並ぶのを嫌がります。また40代程度になれば頼りになる男性がモテるため、体の線が細いと頼りがいがなく見えてしまうのです。

体の線がモロ分かるファッションで頼りないなぁと思われてしまう典型的なコーデは、白いワイシャツやポロシャツに細みのジーパンを履くコーデです。

きれいめファッションと言ったら聞こえが良いのですが、何も線を隠すポイントがなくて体型が丸わかりです。Tシャツにジーパン、長袖カットソーに細みパンツなども同様でシンプル過ぎるファッションは細み男性たコーデが苦手な方にはあまりおすすめできません。

体格が良くてイケメンならそれでも十分なコーデですが、細みならば体型を隠すのを意識してみましょう。

体型を隠す!太く見えるようなファッションとは

では、実際に細身の男性におすすめのファッションアイテムを書いていきます。

ふんわり厚みが出るファッションアイテム

細みで体型を隠すためには、ふんわりした服やボリュームがある服を選ぶようにします。

ここでやってしまいがちなのが全体的にダボッとしたファッションにしてしまうこと。ダボッとしたTシャツにダボッとしたパンツだとだらしなく見えてしまいます。

少しだけ体型を隠す程度で充分。例えばフード付きのパーカーです。

フードがふわっと首元に付いてるので上半身に目線を集めて細み体型が隠せます。さらにパーカーはぴたっとしたアイテムではなく、ふんわりとしたデザインなので細い上半身を隠せます。

大人の男性ならば、黒やネイビー、グレーなどの落ち着いた色をチョイスしてパーカーでも子供っぽくならないようにしましょう。そしてパンツは脚のラインがぴっちりと出る物ではなく、ストレートラインで適度に細い物を選ぶといいです。

パンツが細くてもパーカーがふんわりとしたデザインなのでそこまで全体的に細くはなりません。パンツはダメージジーンズなどではなく、こちらもきれいめを意識して清潔感を感じる物にしましょう。

パーカーと同じように、カウチンやニットなどもざっくりとしたデザインで細み体型を隠せます。こちらも中年の男性ならば、落ち着いた色をチョイスしましょう。特にグレーは線の境目があいまいな色なのでおすすめです。

カーディガンやコートなど羽織物で細みを隠す

カーディガンやコートは秋から冬に大活躍するアイテムですよね。羽織るような寒い季節になってきたら選ぶべきはロング丈です。

カーディガンを羽織るなら丈が長いコーディガンを選ぶと細い太ももがカバーできていいです。落ち着いた色だけでなく、柄やストライプなども羽織って楽しくコーデしていきましょう。

コートもカーディガンと同じくロング丈がおすすめです。

太ももをカバーできますし、コートならば体型をより隠せるので秋冬は細みの男性にとって嬉しい季節です。ダッフルコートやステンカラーコートなどを着て適度に細みのパンツを履けば、全体的なバランスが取れて良いでしょう。

ダッフルコートは幼くなりがちですが、ネイビーなどの濃い色を選べばそこまで子供っぽくなりません。

もし腰までのショート丈コートを着るならば、フードが付いてるダウンジャケットやPコートなどふっくらしたデザインを選ぶと良いでしょう。フードが付いてれば、よりふっくら見えて細み体型を隠せます。

選ぶべきは膨張色と横ボーダー

細みの男性が服を買う時に意識したいのが、横幅を太く見せるような服かどうかです。

横幅を太く見せるための色として使いたいのは膨張色です。白や赤、黄色、オレンジなどが膨張色で体の線を太く見せてくれます。重ね着が難しい時は、これら色で体の線を隠していくと良いでしょう。また、重ね着の下に着る服としてもおすすめです。

ただ暖色系の色は40代の男性にとって若過ぎるアイテムになってしまいこともあります。そのため、暖色系の他に茶色やネイビーなどの落ち着いた色が入っているアイテムを選ぶのがポイント!全体的に落ち着いてるか確認してから買いましょうね。

また、膨張色ではなくて横に線が引いてあるボーダー服も細み男性におすすめです。目線を横に向けれるため、細みを隠せます。春夏でマリンファッションを取り入れる季節になったら、挑戦してみるのもありですよ。

ふんわりアイテム、ロング丈、膨張色とボーダーが細み男性のファッションにはかかせないです。40代ならば、それにプラスして落ち着いてるデザインか大人っぽいコーデになってるか確認しましょう。

小物でふんわり感をプラス!細マッチョになればモテる男性に変わる

細みの男性に似合うファッションが分かった所で、次は小物と体作りについてです。ここまでやれば、おしゃれさがさらにプラスされるので細くてもカッコいい男性になれます。

細みを隠す小物

マフラーや時計などの役割がきちんとある小物ならば身に付けても違和感がありません。

マフラーはフードと同じように、ふんわりしたアイテムなので目線を上に向けて細みをカバーできます。どんな巻き方でも良いのですが、できればマフラーを前に垂らす巻き方にするとマフラーが上半身をカバーして細みを目立たなくしてくれます。

時計は中年の男性にマストアイテムですが、ベルトやチェーンは太いものを選ぶのが良いです。手首の細さをカバーしてくれるので腕の細さを隠せます。

注意点として大人がアクセサリーをジャラジャラと付けるのは印象が良くないので避けるようにしましょう。

運動で細マッチョ

細みの男性が身に付ける物が分かったら次にやりたいのが体作りです。細くても筋肉があれば、細マッチョとして女性からモテます。そして、頼りがいがある男性だとも思ってくれる可能性があります。

ジムに通ったり、筋トレを家でするなど筋肉作りに励むと健康にも良いためモテたいならスポーツを始めていきたいところ。

世の中にはダイエットをしたいと思う人達がいる反面で、逆に太りたいと思っている人達がいます。 恐らく前者の方が多いと思いますが、どんなに...

まとめ

細みの男性のファッションは、ブランドにこだわるよりも体の線を隠せるアイテムにこだわるのをおすすめします。そんなに難しい着こなしは紹介していないので、選ぶべき物だけ買ったら後は着るだけです。高いアイテムよりも、ユニクロのように商品の種類が豊富にあるショップがおすすめです。

落ち着いたファッションになってるか、ふんわりとしたポイントがファッションにあるかを意識して服を着ていけば、細みをカバーできますよ。