鼻毛ワックスで脱毛!男の身だしなみは鼻毛処理から始めよう

焦る男性

鼻毛が鼻から出ているのはみっともないと思いませんか?鼻毛と聞くと、思わず笑ってしまう方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

眠っている時のイタズラで顔に落書きをされたり、したりしているのを見た事がある方なら、鼻毛が定番の落書きである事も容易に想像つきますよね、それ程鼻毛が出ていると表情がマヌケに見えてしまうのです。

男性も女性も鼻毛は自然に生えてくるものとは言え、やはり鼻の穴から飛び出す程ほったらかしにしていてはいけません。特に人から指摘されるとかなりショックです。

手入れをしないで知らないうちに鼻毛が出ていたら恥ずかしいですし、ましてや大好きな異性とのデートや大切な場面で鼻毛が出てしまっては格好がつきませんよね

20代、30代、40代と鼻毛が出ていることに世代は関係ないのですが、中年の男性・女性は鼻毛の処理を疎かにしてしまいがちですので特に気を付けたいところ。中年男性なら服装もきちんしなければいけませんので40代の男性がオシャレをする前に気を付けておきたいNGファッションを確認してみてください。

そこで、鼻毛を処理していないとどんなデメリットがあるのか?鼻毛処理・手入れの方法はどの様なものがあるのか?鼻毛処理について色々記載していますので、是非参考にしてみて下さい。

鼻毛を処理していないとこんなにデメリットがある

鼻毛が出ている男性のイラスト

鼻毛を処理していなかった為、失敗をしたと言う経験は意外と多くの方がされていると想像します。

例えば、好意を持っていた人と何度もデートを重ねて好感触が続いた為、思い切って告白をしてみたところ振られてしまった。その理由を後々友人伝いに聞いて見ると、なんとデートの最中ずっと鼻毛が出ていて、デートに集中できなかった、それが交際に踏み切れ無かった理由だったと言うのです。

こんな事ぐらいで?

と思うかもしれませんが、デートに集中できなかったのは口実であり、実際は鼻毛が出ている事で汚い、不潔っぽいと捉えられてしまったのです。確かにお洒落に決めていても鼻から鼻毛が一本出ていたらそれでだけで台無しです。鼻毛なんてないほうがいいと考えてしまうかもしれません。

どんなに容姿が素敵でも、印象を決めるのは顔の表情だったりしますから、鼻毛が出ている事すら気が付かない事は、詰めが甘い、マヌケと思われてしまう可能性が高いのです。

パッと見た時は鼻毛が出ていなくても、表情を変えたり角度によって鼻毛が出てしまう事があります。もし、ニコッと笑った瞬間にニョキッと鼻毛が飛び出してきたら…。

想像しただけでも嫌ですよね。

鼻毛は好意を持っていた人であっても、恋愛感情を左右してしまう程深刻な事であると気が付きましょう。そして、伸びてしまった鼻毛は処理するに越したことは無いのです。

鼻毛を自分で処理する場合どうしたらいい?

鼻毛カッター
鼻毛処理を自分で行う場合、様々な道具を使って処理する事が可能です。例えば、鼻毛カッター、小さなハサミ、ピンセット等が鼻毛処理の道具として人気があります。

鼻毛カッターは別名鼻毛シェーバー、鼻毛トリマーとも呼ばれていますが、サインペン位の大きさで直接鼻の穴に挿入して、ぐるりと鼻毛をカットしてくれます。特に男性は鼻毛が伸びやすく、しょっちゅう鼻毛カッターのお世話になっている人も多いかと思います。

ハサミで処理する場合には、鼻毛処理専用の小さなハサミが人気となっています。ハサミの先端は丸く、鼻の粘膜を傷つけない使用になっているものが殆どなので、安全に鼻毛をスッキリさせる事ができるでしょう。

しかし、飛び出した鼻毛程度なら良いですが、あまりに鼻毛が長かったり、多い場合には、上手く処理ができ無いと言う難点がありますので、完璧に処理したいと言う人には向かないのかもしれません。

次にピンセットですが、鼻毛を根こそぎ退治したい、しばらく生えてこない様にしたいと言う場合、ピンセットを使って直接鼻毛を一本一本抜いてしまうと言う処理の方法があります。

しかし、ピンセットでの処理は連続で抜からないといけないので痛い。
正直しんどいです…

痛みを伴うのもありますが、入り込んで抜きすぎてしまった結果、鼻の敏感な粘膜を傷つけてしまい、炎症を起こしてしまう危険もあります。

ピンセットは、毛根から鼻毛を処理できる唯一の方法かもしれませんが、同時に注意が必要と言えるでしょう。

鼻毛処理にオススメの鼻毛脱毛ワックスとは?

鼻毛脱毛ワックスの画像
鼻毛用の脱毛ワックスのことで女性がビキニラインの脱毛で活用しているブラジリアンワックスを鼻毛の脱毛に応用したものになります。

エステサロン等でも最近評判になっており、鼻毛をゴッソリと一気に処理したいと言う方に人気が出ているのがこの鼻毛のワックスになります。最近ではこの鼻毛ワックスが大きく注目されているのです。

鼻毛ワックスはブラジリアンワックスが主流となっており、脱毛ワックスと同じく粘着力のある固形天然ワックスを溶かしそれを鼻に詰め、そのワックスに鼻毛を絡めて、鼻の中に生えている毛をワックスと一緒に一気に毛根から引き抜く方法になります。

見た目は、何かの罰ゲームのように見えますが脱毛サロンでやる人もいて効果が見込める鼻毛処理方法になります。鼻毛をワックスで固めてそのまま引っこ抜くことで気になる鼻毛が一網打尽になるのでやった後はすっきりすることやごっそりと抜けるので快感を覚える人も多いのが特徴の一つです。

聞いているだけだと、痛そうで何だか怖いと言う印象を持ってしまうかもしれませんが、実際にエステサロンでは男女共に大人気の鼻毛処理方法になっており、鼻毛ワックスを体験した人も大勢います。

実は、鼻毛ワックスは痛みもそんなにありませんし、各エステサロンが鼻毛専用に開発されたトリートメント成分の高いワックスを使用していますので、鼻の粘膜にとても優しく、後で炎症を起こす事もほとんどないのに驚くほど鼻毛が抜けます。

処理が甘いと言ったトラブルも殆ど無いと評判になっています。

ノーズワックスで処理を継続して行くと足や腕のワックス脱毛の様に少しずつ鼻毛も少なくなったり、生えにくくなるので処理が楽です。また処理のサイクルも長くなると言うメリットがあります。

鼻の穴をぐるりと処理できる鼻毛ワックスは、安全性が高いだけで無く、処理に時間がからない鼻毛処理と言えるでしょう。永久脱毛とまではいきませんが生えてくるサイクルが遅くなるので鼻毛のケアを忘れてしまうことがある方には特におすすめです。

レーザー脱毛を行っているクリニックもありますが、鼻の中の脱毛が出来るクリニックは少ないので探すのもなかなか大変です。また男性の場合クリニックにまで通って脱毛する人は少ないのが現状です。

ただでさえ痛いレーザー脱毛をデリケートな鼻の中にやるなんて怖いところ。鼻毛脱毛を行うクリニックは数が少なく限られているので低価格で自宅で行なえる鼻毛ワックスのやり方が一般的になっているのです。

自宅で行う鼻毛ワックスのやり方とは

1.まずは鼻毛専用のワックスを購入しましょう。

お試し用ならこちらがおすすめ

2.鼻の中の掃除
汚れていると鼻毛とワックスが絡み合えませんので鼻の中の汚れを取り去ることです。
(鼻水や鼻くそなどを綺麗にふき取る。鼻の中の水分を除去するように)

3.消毒
雑菌が入る可能性もありますのでケアを充分に行ないたいのであれば脱脂綿に含ませたアルコールで鼻の内部を消毒するといいでしょう。

4.ワックスを溶かします。
電子レンジで溶かす方法が一般的ですが、用意した道具の説明書をご確認ください。

5.温めたワックスを綿棒につけます。
綿棒がなければアイス棒や割り箸でも応用可能です。なるべく道具が揃っている商品を買いましょう!

6.ワックスをつけた棒を鼻に突っ込みます。
そのまま、1分以上待ちます。

7.最後は思い切って一気に抜きます。
鼻毛用ワックスで痛みを感じるのは抜くときぐらいです。

抜く時は痛みを感じますが、一気に抜いておかないとワックスが鼻に残ってしまうので気合いを入れて行いましょう。

女性でもやってます!鼻毛ワックスの動画

注意点

鼻に棒を突っ込む前にワックスは十分に冷ましておくこととあまり鼻の奥に突っ込みすぎないことです。

何しろ、鼻の中はデリケートな部分です。
熱いまま突っ込むと火傷や炎症をおこす可能性も充分あります。
またワックスを鼻に塗ってはいけません。

鼻毛には役割があり、塵や埃など異物を防ぐ役割があるので抜きすぎると良くないと言われています。奥まで突っ込まず、お手入れするのは鼻の穴のすぐ近く、入り口付近、外に見えてしまう毛を対象にしてください。

ほか、ある程度時間を置くことが大切です。ワックスが充分に固まらず鼻毛が絡まず取れない原因になります。

鼻毛はムダ毛ではないのでむやみやたらに抜いてはいいモノではありません。抜いてしまえば様々な障害が出てきますのであくまで鼻毛は抜きすぎないように注意が必要です。

鼻の中に嗅毛(きゅうもう)と言われる鼻毛が生えているので匂いをかぎ分けることも鼻毛があるからできることであり、鼻毛がなくなるとくしゃみの回数が増えるし、風邪を引きやすくなると言われています。

口呼吸なら鼻に頼らなくてもすみますが、意識して継続するのは困難です。脱毛後の行なえる対策としては、鼻を常に清潔にすることです。

重要なのは気道の奥にある繊毛の働きを鈍らせないことでそのために必要なのは温度と湿度に気を使うことです。脱毛後は室内を常に綺麗な状態にしておくなど心がけてください。

鼻毛ワックスはエチケットの範囲内で

鼻毛は様々な機能をもっているので抜くのは控えたいところ。しかし、ある程度のエチケットは必要です。

鼻から伸びた鼻毛。鼻から出ていたら誰から見てみっともないということで鼻毛脱毛を考えるはずです。

鼻毛ワックスは鼻毛処理に最も適した処理の一つですが、短期間で何回も鼻毛ワックスをしてはいけません。鼻毛ワックスはエチケットの範囲内でやることなので月に1回ぐらいでも充分です。

確かに鼻毛ワックスをすれば、鼻毛がごっそりついて気持ちがいいと言う方もいますが、毛を抜くとどうしても痛みは生じます。
抜きすぎも良くないので鼻毛ワックスを利用する際はよく考えて利用しましょう。

鼻毛の適した処理の方法とは?

鼻毛の処理道具
鼻毛が邪魔だとしても、やはり鼻毛にはちゃんとそれなりの役割があります。例えば、鼻毛があることでチリやホコリ、花粉等から敏感な鼻粘膜を守り、吸い込んだ空気を清浄するフィルターの役割も果たします。

※それらをくしゃみで外部に吐き出すこともあります。

鼻毛を処理する方法では、はさみで鼻毛をカットするというのもあります。
はさみで鼻毛をカットすれば鼻毛自体は残るので一番体に優しい処理方法となっています。

完全に鼻毛を処理してしまうと体が心配と言う場合には、鼻から飛び出している部分のみをハサミでカットする方法でも十分に鼻の周りを清潔に保つ事ができます。鼻の中はデリケートな部分なのでハサミであれば傷つけることも少ないので安心して処理することが出来ます。

鼻毛が多く、穴の中を覆いつくしている場合には、既にフィルターは充分な状態とも言えます。そう言った場合には、鼻毛カッターで鼻の穴全体をある程度スッキリさせた方が良いでしょう。

処理しても直ぐに伸びてしまう、処理する時間が無い、一度にごっそりと毛根から綺麗にしたいと言う場合には、やはり鼻毛ワックスがオススメです。

鼻毛ワックスは、時間がかからず、処理後も継続してしばらくの間は鼻毛が生えて来ることもありません。最近では、エステサロンでしか扱っていなかった鼻毛ワックスも、道具一式がインターネット通販等で購入できる様になりました。

鼻毛ワックスはやり方さえ間違えなければ何のトラブルも起こりません。即効性も高く、簡単に出来るので自宅でやることも可能です。やる時は周囲の環境にも気を配り、きちんとした手順にそって処理を行ってください。

セルフで行う場合には、注意書きを守り実践すれば失敗も少ないですし、費用も安く抑えられますので大変人気となっています。現在、鼻毛の処理で悩んでいる方は、是非セルフの鼻毛脱毛ワックスにも挑戦して見ましょう。

外さないおすすめのメンズファッションサイトはこちら

メンズスタイル SPUTNICKS