髭を薄くする方法!髭が濃くなる原因や薄くなる理由を理解してから対策した方がいい

髭が濃い男性

髭とは、男の象徴とも言われています。世界を見渡せば、髭を伸ばすことと髭が濃いことは非常にいい事だという文化があるのも事実です。しかし、日本の場合は、違うことが多いのが現実…。

日本において髭は不潔のイメージを持たれることが多いので、髭が薄い方が人に好かれることは明確です。あなたの周りはどうでしょうか?

人によっては、髭が濃いことは良いと思っているかもしれませんし、むしろ、昔から悩み事になっており、コンプレックスを抱えている人がいるかもしれません。しかし、ジョリジョリと触っただけで感じる髭の濃さに悩んでいる男性は多いのが現状です。

子供の頃は、髭を毛嫌いしていた人も多いはず。

父親が髭を剃る事は、小さな頃から関心があったが、その遠くから見ても青々としている髭の様子を見ていたときふと「自分はいやだ」と思うこともあったはずです。

テレビや雑誌、アニメに至るまで、青髭は嫌われる象徴のように扱われています。周りの知人や他人から髭が濃いことを気持ち悪いと言われることもある人がいるでしょう。

そうならないために男の脱毛のメリットとお勧めのメンズ脱毛クリームについてにあるようなムダ毛処理など男の身だしなみの一つとして努力している人も多いはず。

生きる上で髭が濃いことが邪魔だと感じているあなたへ、是非知ってもらいたい情報を紹介します。たくさんの挫折と成功を繰り返す中でたどり着いたその軌跡をお伝えします。

髭が濃くて困る理由とは?

無精ひげ面の男性
髭を薄くする前に何故、髭が濃いと困るのか考えてみましょう。

まず、一番に挙げるのが人の印象です。

例えば就職活動中なのに髭が濃いと相手にいい印象を与えることができません。単に面接が不利になるだけでなく落とす原因になるということです。

大体、髭が濃いままで証明写真を撮れば暗い感じになり、それはそのまま、自信のなさにつながります。

就活以外にも髭が濃いと不利なことがあります。

それは髭の濃い男性は女性に敬遠される兆候があるということです。
確かに例外もあるでしょう。

無精ひげ面の男性を好きになる日本人の女の子はほとんどいないのが現状です。無精ヒゲは不潔なイメージがつきまといます。この不潔なイメージこそ、髭が濃いと女の子にモテなくなるという原因です。

髭はなぜ濃くなるのか?ホルモンと処理が主な要因

髭が薄い男性
髭が濃い人と薄い人がいるのはなぜなのでしょうか?

髭が濃くなる原因は2つあり、1つ目がホルモンの影響、2つめが間違った処理の仕方をしている。といった原因が挙げられます。

1つ目のホルモンの影響については、遺伝的な要素が含まれており、属に男性ホルモンのことをいいます。ホルモンバランスという言葉を聞いた事があるかと思いますが、ホルモンには女性ホルモンと男性ホルモンの2種類がバランスよく働いています。

ただし、遺伝的な要因や後天的な要因により、そのバランスが偏ることがほとんどなのです。

たとえば、男性に女性ホルモンを注射で投与した場合、どうなるというと不思議なことに胸が膨らみ、声が女性らしくなり、髭がはえなくなり、くびれがでて、髪が伸び、まさに女性らしくなってしまうのです。

髭が濃い人に関して言えば、男性ホルモンが優位に立っている状態ともいえます。逆に言えば、女性ホルモンを優位にすれば、髭は薄くなると考えられます。

遺伝だから無理でしょう。と思うかもしれませんが、実は、人それぞれ実生活で男性ホルモンが優位になっている場合もあるのです。

まずはすぐにでも対応出来る、間違った髭の処理方法を改善するといいでしょう。

間違った髭処理で青髭になるかも

髭剃り
多くの人がやっている髭処理は、シェービングでがっつりと髭を剃るやり方。実は、それ自体が髭を濃くする原因の1つです。なぜなら、髭剃りのあとの黒ずみを作る原因そのものだからです。

髭剃りで剃れば剃るほど時間がたつにつれてその黒ずみは黒くなっていきます。
青髭の多くが、この黒ずみです。

これに早めに気づいて難を逃れた人もいるでしょう。

切れ味の良い剃刀や髭剃りでやるのはいいことです。毛穴が広がりにくく、そのため髭が太くなる事がないからです。しかし、切れ味が良いということは、皮膚を切ってしまう恐れもあります。

だったら髭を抜けばいいのでは?と考えた人はいるかと思いますが、これは、やってはいけません。

高校生ぐらいになると髭を抜いたほうが髭が濃くならないというウワサが広まり、さっそく実践した人もいるのではないでしょうか?

抜くことは非常に痛いのでがまんが必要ですが、髭を抜くとしばらくは生えてこないので最初に驚きがあります。しかし、夏の暑い日に汗がその髭の抜いた穴に入り、化膿したり、冬のかさついた肌をさらに傷つけたためそこが赤くはれ上がり、皮膚科に通った経験はありませんか?

そこに究極の失敗があります。

皮膚科の医師に皮膚の中に髭の毛が、埋没しているというのです。

髭を抜きすぎると皮膚の表面が傷つき、その後修復されると同時に毛を覆いかぶさった状態になり埋没毛となります。そうなると、青髭の原因となるのです。

髭を抜くという行為そのものは素人が行う悪い例です。

肌のトラブルと埋没毛からの青髭という負のスパイラルに陥らないためには、ケアや手入れを充分に行うなどしっかりとした対策が必要です。

髭の処理だけでいいなら適正な時間帯に剃ればいい

朝の時間

実は体毛の中でも髭は伸びるスピードが速いので髭が濃い体質の男性は一日に何回も髭を剃らなくてはいけません。

髭を処理する一番簡単な方法は自宅で髭を剃ることになります。髭は外部の刺激の防ぐために生えますのでこれは大抵の男性が朝、出かける前にやっていることです。毎日の習慣になりますが、髭を剃って薄くなるのならこんなに苦労しません。

ただ、剃り方にも気を付けてほしいということです。大体の人が剃刀かシェーバーを使います。

毎日の髭剃りが肌に負担をかけるようなモノなら当然、髭が濃くなる原因になるので肌に負担がかからないように正しいシュービングをするようにしましょう。

まず、髭が伸びやすい時間帯に髭を剃るようにしましょう。
ちなみに、伸びやすい時間帯は午前6時から10時にかけてです。

つまり、朝に髭を剃るのにはそれなりに理由があるということです。

ぐっすり眠った朝は肌のコンディションもはっちりなのでこの時間帯に髭を剃るということはカミソリ負けや出血を予防することになるというわけです。

髭の濃い人は昼休みにもう一度、髭剃りをしてみてください。理由は朝の髭剃りから約4時間から6時間はたっているからです。

昼休みに髭を剃れば夕方まで髭を気にしなくてもいいはずです。

肌の負担を軽減するためには、肌に合わせてシェーバーを選ぶべきです。

例えば、肌の弱い人なら電気シェーバーで、髭が伸びるのが早い体質の人は深剃りできるカミソリタイプを選ぶといいでしょう。

髭はどうやったら薄くなるのか

?の画像
ここまで髭が濃くなる原因をお話ししましたが、そこに髭を薄くするための答えが隠れています。

ホルモンのお話と間違った処理方法について説明しましたが、これを逆説的にみればホルモンバランスと処理の仕方を適切なやり方で行えばいいということになります。

ホルモンバランスは乱れないことに越したことはありません。

しかし、髭を薄くするなら男性ホルモンを弱くして女性ホルモンを優位にすればいいのです。方法は、簡単に言うと女性らしくしてみることです。

30代男性の体験例

私は男で元々、保育士でした。おもしろいことに女性しかいない職場にいると髭の伸びが弱まります。保育士という立場は、どうしても女性らしく対応するところでもあるからです。

優しい言葉がけを心がけ、女性がするような趣味を共有した結果です。それだけで男性ホルモンが抑えられ、女性ホルモンが活発化します。

つまり、日常生活の中で、女性らしく振舞ったり、発する言葉を優しくすればいいのです。

しかしこんなの一般の男性がなかなか出来るものではありません…

そもそも仕事・性格・行動まで変えてまで髭を薄くする方法はおすすめできるはずがありません。素人がホルモンを調整するのは難しいと考えられますのでこの方法は止めた方が良いと思われます。

日焼けをすることで髭を薄くできるかも

日焼け中
とにやく、厄介なのが青髭というものです。
※青髭というのは剃ったあと、毛根が残っている状態です。白い肌では青髭が目立ちやすいので特に注意が必要です。

日焼けをすれば肌が黒くなって青髭が目立たなくなります。

つまり、この方法では髭が薄くなるのではなく目立たなくなるだけになります。

日焼けするだけなのでお金はかからないです。
ただし、日焼けはシミになってしまうというデメリットがあります。

ストレスをためないことも髭を薄くするために役立つ

ランニングでストレス発散
髭の成長はその時の体調で伸びるのが早くなることがあります。髭は男性ホルモンの分泌が活発な証拠になり、ストレスも大きく関係していきますのでストレスが原因でホルモンバランスが崩れると男性ホルモンが分泌しやすくなるので当然、髭は濃くなります。

仕事が忙しくなったりストレスを感じることが多くなると髭が濃くなったと感じた人もいるではないでしょうか?

男性ホルモンは深夜、起きていると分泌されやすいので早寝早起きを気をつけるようにしたら抑制することが出来ます。男性ホルモンを抑制することが出来れば体毛である髭の成長も鈍るということです。

剃るのではなく抜けばいい

引っ張る
確かに髭を一本一本、抜いていけば簡単ですが、あまりいい方法とはいえません。何故なら一時的に薄くなっても仕方がないからです。

それに抜くといっても時間がかかる上に痛いです。

ただ髭を抜く方法は毛穴の炎症、ニキビ、毛嚢炎、埋もれ毛などといった肌トラブルが起こる可能性が高いです。つまり、数々の肌トラブルのせいで見た目が悪くなる問題が起きるということです。

髭を抜いて処理した場合、抜いたあとのケアが出来ていないと肌トラブルが起こるデメリットがあります。

メンズサロンで脱毛すればいい

サロン
脱毛はプロに任せるのが一番。

脱毛は素人が処理を間違えると、そのまま青髭になる恐れがあります。

髭を薄くするならプロに任せる脱毛がてっとり早いということもあり、最近では髭脱毛をする男性が増えています。女性が使うファンデーションで隠す方法もありますが、やはり、最近やって効果のある方法としては、髭専門のメンズサロンで脱毛してもらうことです。

脱毛といってもいろんな方法がありますが、髭は口回りなどデリケートな部分の体毛なので刺激の強い方法で脱毛することはできません。

何回か定期的にメンズサロンに通わないといけないので費用はかかるものの、驚愕するほど簡単に髭が薄くなります。すべてのシェービングと電気剃刀は捨てたという男性もいるぐらいです。

脱毛は髭を薄くする方法としては長期的な効果が見込めるので髭を徹底的に処理したい方にはおすすめです。

脱毛サロンに抵抗があるなら自宅で低価格で始められるゼロファクターがおすすめ。

発毛指令を防ぐための5αリダクターゼ対策成分を豊富に高配合した商品になっており、初回限定価格980円とお試しにも適している商品になります。

まとめ

色々書いてきましたが、ほかの部位にもあてはまりますが、薄くすることは出来ても髭を生えなくすることは物質的に不可能に近いです。

それは体毛は再生し続けるものだからです。

人によって髭の濃さに違いがあり、薄くなって生えてくるまでの期間が長くなっているのであってどの方法を取っても二度と体毛が生えて来ないわけではありません。永久脱毛にしても終了して一ヶ月後で毛の再生率が20%以下であるケースを指しています。

そこは間違えないでください。

遺伝的な所や過去からの髭の処理方法で既に手遅れなのではという声も聞こえてきそうですが、それは大丈夫です。年齢を重ねることによって年々、濃くなったと感じる人もいますが、それは充分な手入れが出来ていないからなのです。

髭を薄くしたいならこれ以上、髭が濃くなるような行為をしないように努力することも大切です。初めは髭が濃くなる原因を改善することから始めるといいでしょう。

ケア以外のホルモンの調整には、手間と時間がかかります。女性の環境に身を投じたりすることに体が拒否反応し、そのせいでストレスを抱えては、逆にホルモンバランスが崩れて髭が伸びるだけです。

まずは髭は抜かない、男性ホルモンを刺激しないなどがありますが、ご自身で一つ一つを改善していくのも難しいと思うのであれば一番確実なのがクリニックやメンズサロンで脱毛をすることです。

自身で対策するとなると時間がかかるほか結果が見えてこない可能性も高いです。早急に結果を出したいと考えているのなら、脱毛が最も効率的で結果が早く見える方法になります。

サロンの場合、スキンケアも充分に行われるので髭が生えないだけでなく、肌も綺麗になります。
だけど、費用もそれなりにするので月々お金がかかります。

髭を薄くしたいけどお金はかけたくないのならバランスのいい食生活に規則正しい生活をしましょう。というのも、髭は運動不足や食事のバランスが乱れると髭が伸びやすくなって濃くなると言われているからです。

髭などの体毛は体の毒素を排出する自浄効果があるので体内に毒素がたまると当然、髭も濃くなります。

髭が濃いことが悩みでコンプレックスを抱えて悶々としているくらいなら、少しの勇気でいいので、アクションを起こしていくことが大切なのです。身だしなみから少しずつ改善してより男としての魅力をアップさせていきましょう。