冬のメンズ服はチェスターコートと縦のレイヤードが決め手

縦のレイヤード

夏と違い、冬はファッションにとっては使えるアイテムが増える分、おしゃれにも幅が増えます。また、組み合わせを変えることでのおしゃれもいろいろ楽しめます。とはいえ、寒さをしのぐために防寒対策をついつい考えて着ぶくれしてしまいがちです。

スマートな着こなしを目指すためには、全体のイメージを把握してポイントをしっかりとつかんでおきたいものです。小物をうまく活用することでも断然幅が増えます。

冬のインナーの着こなし術

縦のレイヤードが旬です。縦のレイヤードとは、丈の長めのインナーを着るタイプです。袖丈も長めで手首よりもちょい長めです。テーラードジャケットを着た場合には、ジャケットの袖よりもインナーの袖が出るといった感じです。

裾は、腰骨よりも下くらいの丈がおすすめです。裾のおしゃれには、もうひとひねりあります。Tシャツの上にセーターを着る場合に、下のTシャツの丈をセーターよりも長めにします。見た目、セーターの裾からTシャツの裾がでている形になります。セーターのほかには、裾が切りっぱなしな感じの真っすぐなトレーナーなどが向いています。
重ね着したものが下から段々に見える感じです。ですので、Tシャツとセーターの色の組み合わせが楽しめます。
ボタンダウンなどでは、ルーズに見えてしまうためおすすめできません。

縦のレイヤを目指す場合に、柄にも注目してみましょう。縦のレイヤーは縦にスマートに見せる効果があるので、ボーダーなどが思いっきり楽しめます。アウターは暗めな色が多いので、思い切ってインナーで派手めな色のボーダーを使うことでアクセントがでますし、暗い印象が和らぎます。
マフラーなどでボーダーをポイントとして使用してもおしゃれです。

テーラードジャケットを着る場合にスマートに見えるのは、Vネックのセーターです。大人っぽく見せるのならこれです。もちろん、縦のレイヤーも大丈夫ですが、その際に襟もとに注意しましょう。

冬におすすめのコート

冬は、やはり寒いのでコートを欠かせません。冬のおしゃれは、アウターで決まるというくらいです。コートにもいろいろなタイプがありますが、今年抑えておきたいのはチェスターコートです。
チェスターコートとは、チェスターフィールドコートとも呼ばれ胸元の箱ポケットや両脇のポケットが特徴です。ウエストをやや絞ったようなシルエットに仕上がっているもので、ドレッシーな雰囲気のコートです。トラッドファッションが色濃く、フォーマルっぽさがあります。

カチッとしたイメージですがカジュアルに着こなすには、キャメル、茶色、ベージュがおすすめです。冬は、どうしてもアウターが中心となってきます。見た目に映るのが、アウターとボトムになりますので、そこのところのバランスを考えてみましょう。チェスターコートは、フォーマルなイメージがあり難しそうに思えますがカジュアルにもしっかり活用できます。ポイントは、ボトムで細身のパンツやジーンズです。スキニーにはぴったりです。見た目もすっきりして見えます。

インナーに関しては、それほど考えなくてもタートルネックでもクルーネックカットソー、パーカーでも似合います。首にマフラーをポイントとして施すことでイメージが変わってきます。コートが無地なので柄もののマフラーやストールをさりげなくプラスすることでおしゃれ度が上がります。柄物のチェスターコートを選ぶことで上級のおしゃれになります。

その他、全体的にトラッド系のダッフルコートやステンカラーコートがおすすめです。ミリタリー人気は根強くMA-1も人気です。

冬におすすめの帽子

冬の定番としてニット帽は相変わらず人気です。キャップも依然、ストリート系には欠かせないアイテムなのでしょう。しかし、今年のチェスターコートに合わせるには、ワイドプリムハットがおすすめです。つばの広いハットのことです。フラットフェルトハットも素敵です。
色はインナーの色と合わせるか、ボトムの色に合わせると効果的です。ベレー帽を使うことで個性的でセンスが光ります。

冬におすすめのボトム

なんといっても、スキニーでしょう。バランスのいい着こなしの基本は、Yライン・Iライン・Aラインとされています。冬にアウターがプラスされている状態ならYラインに、アウターを脱いだ時にはIラインになるようにイメージしてコーディネイトできれば、鉄板です。裾を少しだけ折り曲げて履くのがみそです。

ビッグシルエットや縦のレイヤードには、スキニーはぴったりです。
チェスターコートは、丈が長めなのでYラインを目指すことですっきり決まります。それには、スキニーがとてもぴったりです。細身のジーンズでも素敵になります。スキニーを初めて選ぶ際には、自分の持っているトップスと合わせるのが一番です。わかりにくい場合には、黒を選んでおくと無難です。ここから始めると失敗はさけられます。

スキニーを着用した際には、小物を詰めたパンパンなポケット状態は避けましょう。ぴったりなシルエットが台無しになってしまいます。カバンもおしゃれアイテムですので活用しましょう。

冬におすすめのバッグ

依然、バックパックやリュックタイプなど肩かけタイプを見かけることが多いですが、クラッチバッグがおしゃれです。基本的にはセカンドバッグと同じなのですが昔、流行ったものの進化形です。ジッパー付の袋状の形のものを折り曲げて持つイメージのものが多くなっています。革の質感のものが良いでしょう。抱え込んだり、脇に挟んだりではなく手で抱え込んで胸から離して持つのがスマートです。

冬におすすめの靴

靴の先端はやや丸目の物がスキニーには似合います。スキニーを選ぶのであれば、短めのブーツタイプでもぴったりです。選ぶのに困ったときに無難でとりあえず失敗のないのがキャンバスシューズです。
チャッカブーツやレースアップブーツでも大丈夫です。

全体的に縦のシルエットを重視している傾向にあります。ボトムにもってくるパンツやジーンズは、細身のものなので裾丈には、気をつけましょう。中途半端に短かったりするとおしゃれではなく、だらしなく見えてしまい台無しになってしまいます。コツをつかんで今年の冬に思い切りおしゃれを楽しんでみてください。