40代ファッションで気を付けたいボーダー柄

春先、特に初夏の陽気を感じる、なんだかアツーイ季節…。

こんな時に、雨上がりのタケノコのように増えてくるのが、「ボーダー柄」です。

もはや国民的な柄!といっても良いくらい、皆大好きボーダー柄ですが、お兄様方にとってどうでしょうか?意外とボーダー柄持ってないって方、いるのではないでしょうか・それもそのはず。

ボーダー柄がそもそも「若々しい」イメージを持っているので、ましてはファッションを楽しむ余裕がなかったお兄様方にとって、選ぶのが困難であるのです。

ですがそのイメージ、今回で終わりにしませんか?コレを読んで、ボーダー柄を買いにいっても遅くないですよ!

皆大好きボーダー柄!その秘密とは?

ボーダー柄にもピッチ(縞模様に太さ)というものがあり、日本では主に細いピッチのものが好んで着られています。

2~3年前に流行った、マリンテイストの流れから、ワードローブの基本的なアイテムとして、よりファッション界で重要なポジションに位置しています。

「若々しい」と感じるボーダー柄って、この細いピッチのものから感じることが多いはず。

量販店に行ってもピッチの細いボーダー柄が沢山置いてあり、若い子が着用しています。

そう、このボーダー柄、合わせやすくてカワイイ&カッコいい!が簡単に作れるんです。

それがこんなに普及しているポイントの一つ。

コーデに困った時はとりあえずボーダー柄、何もない日だからちょっとカジュアルにボーダー柄、もう愛してやまないのでボーダー柄!とボーダー柄は大活躍。

気負わずに着られるので、いつもの無地トップスや、プリント柄トップスをボーダー柄にチェンジするだけでOK。

こんなに簡単にできて、コーデを選ばない優秀さが◎。

持ってない人こそ、是非チャレンジしてください。

俺らに合うボーダー柄って?

とりあえずボーダー柄を着ておけば、コーデの幅が広がったように見えてしまうのが、このボーダー柄の良いところ。

逆を言えば人ともろに被る可能性もあります。

ボーダー柄は基本的に爽やかにコーデを格上げしてくれるアイテムなので、季節感はオールシーズン、主に春から夏に活躍してくれます。

40代のお兄様方には、ぜひピッチの細かいボーダー柄+ホワイトがベースとなったカラーにチェレンジしてほしいです。

ボーダーの色は青、赤、黒でもなんでもOK。

アイテムはクルーネック仕様のカットソーを選ぶのが無難です。

合わせるだけで主張感がある柄なので、「オシャレしなきゃ!」という思い切りは×。

ただ合わせるだけ。

普通のボトムスに合わせるだけです。

コレだけで、いつもと違う自分が再発見できるはず。

しかも生地と値段がそこそこ良いモノを選べば、年中インナー&トップスとして使い回せますよ!

ボーダー柄で気を付けたいポイント

便利な柄ですので、ついつい多用してしまうこのボーダー柄。

40代のお兄様方は、「選ぶのが面倒だな」って言って、休日のたびにボーダー柄を着てしまうかもしれませんね。

便利ではありますが、気を付けたいのは、トータルコーデのバランス。

ボーダー柄の上からチェック柄のトップスを合わせたり、というのは絶対NG。

お互いの良いところが主張しすぎて、混ざり合わず、ちぐはぐになってしまいます。

コーデの中で、主に総柄(チェック柄やボーダー柄など全体に柄が入っているモノ)は1点に絞りましょう。

無地のシャツやジャケットとは相性が良いので、レイヤードして問題はありません。

ボトムスも、コーデュロイ素材のパンツなどは×年中履けるデニム、チノパンなどが良いでしょう。

合わせるシューズも、カッチリした革靴よりかはスニーカー、スリッポンなどカジュアルライクなアイテムがオススメです。