カジュアルコーディネートを求める30代から40代の男性に見てほしい雑誌OCEANS (オーシャンズ)

雑誌

ライトハウスメディア月刊発行しているファッション誌、それがOSEANSです。

発行日は毎月24日になり、30代から40代の男性がターゲット。

創刊は2006年で男臭くてカッコいい父親のための雑誌。OSEANSの特徴はカジュアルコーディネートが満載です。

カジュアルスタイルが好きな男性のためのファッション誌

30代から40代ともなると大抵の人が結婚して父親となっています。OSEANSは子供がいる父親向けの記事も多く、男としてそして父親としてのメンズファッション誌になります。

お洒落なカジュアルスタイルからこじゃれたオヤジファッションなど海外のトレンドを取り入れたコーディネートが揃っています。

大人だからといってオシャレに妥協しない

男性にとってオシャレとはどういうものなんでしょう。結婚して子供が出来たら流石に子供じみた格好なんてできません。

夫として父としてカッコよくみられたい人が多いのではないでしょうか?

OSEANSは平均年齢37.5歳を想定としています。
結婚して数年、未就学から小学校低学年くらいの子どもがいる年代がOSEANSを読んでほしいということです。

ただのオヤジ枠には収まらない年代なので、いい頃合いの大人カジュアルを推しているわけです。

OSEANSの常連ファッションブランド

オーシャンズ常連のブランド、ポールスミスコレクション。知名度は抜群で大人の品格がプラスされたファッションアイテムが40代男性に人気があります。

付けているとなんだかしっくりしてくる感じがいいそうです。

MONCLER (モンクレール)
冬アウターではモンクレールが一番、芸能人御用達ということから人気に火がつきました。冬物では絶大な人気と知名度を誇っています。値段は少々、高めでも抑えておきたいアイテムの一つです。

YVES SAINT LAURENT(イヴ・サンローラン)
他のファッション雑誌にも取り上げられているブランド。30代にとって品質と値段がとても魅力で人気があります。

Ron Herman (ロンハーマン)
カリフォルニアスタイルを意識したリラックスなファッションが定番のブランド。気を張らなくてするデザインに人気があります。

BEAMS (ビームス)
上質な大人のムード満載のファッション。
価格・品質・デザイン、どれもとっても隙が感じないでのでトータルバランスはばっちり。その結果、大勢の大人の男性が愛用しています。

BURBERRY (バーバリー)
人気の高さは他のブランドの追随を許さないほどでデザインはどの年代の人にも受け入れられています。

EDIFICE (エディフィス)
大人の男性をターゲットにしており、ビジネスだけではなくカジュアルな普段着と、二つのラインアップが揃っています。どちらかと言えば、カジュアルブランドに人気があるみたいです。

定期購読も可能

OCEANSはランキングでも上位の人気メンズファッション雑誌です。

30代から40代をターゲットにしているので購入も男性ばかりと思っている方も多いのですが、ごく一部で女性も利用しています。

理由は旦那さんをカッコよくしたいからだそうです。確かに雑誌のコーデは普段の服装の参考になります。

その中でも多く見かけるのは定期購読している人が増えている点。定期購読が人気なのは定期購入すると最大67%OFFが適用されるからかもしれません。

定期購入なら自宅まで雑誌を届けてくれので雑誌発売日にわざわざ、本屋に行かなくてもいいのです。

毎月違ったコーデが雑誌に掲載されるというわけなので定期購入にして毎月、届くのが楽しみという人もいます。ただいつまでもカッコいいオヤジを目指すために読んでいる人もいます。

OSEANSは24日販売の月刊誌で毎月本屋で購入という人も少なくないのでまずは読んでみることからはじめてみるといいかもしれません。

OSEANSのモデルとは

ファッション誌だとモデルはたいてい外人が多く、コーディネートされているのは外国のセレクトショップの商品がほとんどです。そういうこともあって外人だから似合うファッションだとおもってしまうこともあります。

そんなとき誌面を参考に服を選んでも着てみたら野暮ったい恰好になってしまった。なんて苦い経験はありませんか?

このような悩みを持っている人でも安心して読めるのがOSEANSの雑誌。OSEANSは30代、40代のモデルを起用し、日本人モデルが目立っています。

OSEANSで活躍しているモデルといえば、まずは平山祐介(ヒラヤマ ユウスケ)さんです。

OOCEANSでは都会的な男としてスタイリッシュファッションで登場していますが、最近はモデルだけでなくドラマでも見かけることがあります。

ほか三浦 理志(ミウラ マサシ)さんは海男として、サーファースタイルでラフな感じで登場します。

実味のない雑誌では実用性の意味がなくなりますが、OOCEANSは40代の日本人男性を起用することで誌面のモデルに使うことで親近感を持たせているわけです。

ファッションは見て楽しむだけでなく着て楽しむということも大切。読者がこれなら自分でも似合いそうだと思えることが大切だということなのでしょう。

結果的にOOCEANSは理想的で現実的なファッションスタイル、ライフスタイルが存在する雑誌といえます。

素敵な男を目指すならOSEANSがおすすめ

OSEANSは単なるファッション誌ではありません。ファッションだけでなく誌面には何かと魅力的な情報が掲載されています。

そんなOSEANSの特徴を見てみましょう。

メイン読者ターゲットは30代から40代。読者の平均年齢37.5歳程度。

カジュアル系を筆頭にアメカジ系、コヤジ系などで多彩なコーデが目を楽しませてくれます。ちなみにコヤジとはこじゃれたオヤジの略になります。

OSEANSの個性と言えばやはり、自然体が一番という点です。

掲載されているブランドは全てよく知られているモノばかりで値段から見るとどれも高級感が張って値段も高めなイメージがあります。

特徴的なのは夫として父として、素敵な男を目指すといったコンセプトで作られているということ。40代ともなるとそれなりに収入もあり、その気になれば購入できるモノばかりが揃っています。

まとめ

OSEANSのコーディネートはカジュアル系やライトなアメカジ系がメインです。普通系ならオシャレに見せるコヤジコーデです。

トレンドとしては個性は前面には出さずに、あくまで自然というスタンスを取っています。

ただ自然体コーデにこだわっている割には紹介しているブランドのレベルが高い傾向があります。レベルが高いということはその分、アイテムの価格や総合したときの購入金額が高くなりがちなので最初で取り入れるか悩みどころ。

大人っぽくてオシャレなファッションはOSEANSを購入すれば気軽に楽しめますが、カジュアルスタイルということもあり、ファッション初心者には敷居が高めなので中級者以上向けの雑誌なのかもしれません。