40代のメンズファッションでNGと言われないアイテム

40代のメンズファッションは、その人の内面まで透けて見えると言われる程で、それまでの考え方や、生活がそのまま反映されてしまうと言われています。

例えば、20代位の若い女性が40代の男性を見たときに、おじさんに見えるのか、カッコいい大人の男に見えるのか、その境界線はどのにあるのでしょうか。

40代の男性がオシャレをする前に気を付けておきたいNGファッションと言われている中からNGとなる具体的なアイテムを幾つか挙げてみます。

まず、セクシーさを強調するタイトなVネックTシャツです。

Vネックだけでも女性からすると、セクシーさを感じるアイテムなのですが、そのVネックが中年男性の体にぴったりと張り付き、乳首が浮いていたら最悪だと言われています。

シャツ等のインナーとして着用するのであれば問題無い様ですが、1枚で着用しているとおじさんがモテようと必死になっている、いい年してナルシストに見えるのが気持ち悪いと、評判はあまり良く無い様です。

もし、タイトなTシャツを着用したいのであれば上にシャツやジャケットを羽織ったり、インナーの差し色として着用する等、重ね着をされるのが良いかもしれません。

そして、最近若い男性に大流行している膝上のショートパンツですが、それを40代の男性が膝を出して履いているのは、見苦しいと言った意見が多いそうです。

やはり、男性が肌を露出する場合は、トレンドのアイテムで取り入れてしまうと、若作りしている様に見えてしまうそうです。

もしショートパンツを履くのであれば、太すぎないシルエットで丈は膝が隠れるものが品が良くまとまるのでオススメです。

40代の男性で特に気を付けたいのは、小物使いです。

一昔前に大流行した、ハードなタイプのシルバーアクセサリーをじゃらじゃらと着用したり、デカサンと呼ばれる大きなサングラスや黒いフレームの伊達メガネ、トレンド感の強いクラッチバックを持ち歩くのも、40代の男性ですと、セカンドバッグに見えてしまうと評判は良くありません。

ある程度年齢を重ねた男性であれば、ノーアクセサリーで、その代わりに質の良い腕時計等を(高級ブランドのギラギラしたものは避けましょう)サラッと着用しているだけでも充分おしゃれに見えますので、小物類はさりげなくシンプルにまとめるのが、40代のメンズファッションの鉄則と言えそうです。

次におしゃれは足元からと言われますが、どんな靴を選ぶのかも、40代のメンズファッションの鍵になります。

例えばスニーカーであれば、なるべく履き潰していない、綺麗なものをチョイスしましょう。

全身カジュアルなファッションに合わせるよりも、綺麗めなコーディネートのハズしアイテムとしてチョイスすると、40代の男性でもカジュアルになりすぎす、ヌケ感の大人のメンズファッション仕上がります。

40代のメンズファッションでは、アイテムの足し算よりも、引き算が重要です。

上品さを心がけて、40代男性ファッションのコーデにおすすめしたい通販サイト11選の紹介サイトにあるような上質のアイテムでシンプルなコーディネートに挑戦してみましょう。