冬の着こなしに欲しいメンズファッションアイテム

冬の着こなし

外出をする時にも冬のファッションを考えて行かないといけませんが毎年この時期になると悩んでしまいます。そうした場合には流行に関わらず着こなせる定番ファッションもありますし、またその年々での流行り物もあります。

冬にはどのようなメンズファッションが似合うのかと言うことについてのお話をさせていただきたいと思います。もしも冬ファッションでお悩みの方がいらっしゃったらぜひ参考にしてみて下さい。

冬はなにを着て出掛けよう?彼女ができたから、ファッションは抜かりなくチェックしたいと思ったら、揃えるべきアイテムはこれらです。

チェスターコートは冬が本格的になる前に買う

冬になくてはならないのがアウターですね。冬は、まずはチェスターコートを買っておくのがマストです。

チェスターコートというのは、ジャケットのサイズを大きくしてコートにしたものです。コートの襟が二つ折りになっていて、コートの中からトップスが見えるのがおしゃれです。一般的なコートとは違い、胸元がしっかりと開いているのがポイントです。

チェスターコートは、今や売れに売れている商品です。

女性だけではなく、男性にも人気です。ジャケットに似た形から紳士的な装いになり、大人っぽくもフォーマルにもなります。それを普段着に合わせるから、味があるファッションになりやすいのです。

チェスターコートは、ニットを着ても良しで、きれいめストレートパンツにも合います。シンプルなファッションになりながらも、紳士的でおしゃれになるのがチェスターコートなので女性ウケも良しです。

だてメガネで文学男子っぽくもなりますし、フードつきパーカーを合わせてカジュアルに、ファッションに自信があるなら、スウェットやジャージを合わせてユニークファッションもおしゃれに仕上がります。

二枚目のアウターはショート丈ダッフルコート

チェスターコートはもう持っているというならば、次に買い足すアウターがダッフルコートです。学生っぽくて幼くなりがちなアイテムでも、工夫次第で大人な出で立ちになります。

その工夫は、ダッフルコートをショート丈にして軽やかさを出すところです。ダッフルコートは、厚みがあってボタンのように止める金具が重くなりがちなアイテムです。そのため、ロング丈にしてしまうともっさりとして学生の防寒具にしか見えないのです。あと、一昔前に流行ったダッフルコートはロング丈だったので、それを連想して時代遅れに感じて
しまう場合もありです。だからショート丈にして、今どきの軽やかファッションにするのです。

ダッフルコートで選ぶ色は、キャメルやネイビーなどの落ちついた色です。白や赤だと奇抜になってしまい、幼い感じがします。あと、ダッフルコートの裏地がタータンチェックになっているなど、カジュアルを感じる要素は一切排除してあるダッフルコートがおすすめです。その方が男性らしく着こなせます。

選ぶべきダッフルコートの条件がうるさいのに、なぜダッフルコートをそこまでおすすめするのかというと、ダッフルコートのフードはパーカーのフードとは違い、首元が立っているところからフードが垂れているからです。

パーカーのフードは、ノーカラーのジャケットにフードをつけただけです。しかしダッフルコートは、立ち襟のコートにフードをつけたものです。そのため、襟が立っている首元が暖かいのです。しかも立ち襟が大人っぽさを作ってくれます。さらに立ち襟に目線がいくため、自然とその人のスタイルが良く見えるようになっています。メリットがたくさんあるので、おすすめなのです。

ダッフルコートは他のコートと違ってボタンではなく、留め具がポイントなので印象をガラリと変える事ができ、二枚目のアウターとしてもっておけば普段とは違うファッションになります。冬はいくらトップスとズボンを変えても、アウターで隠れてしまいますよね。だからアウターから雰囲気を変えれば、いつも同じような服を着ている人から脱却できます。

タートルネックニットで見た目も首も暖かく

チェスターコート、ダッフルコートのいずれにも良く似合うのが、タートルネックニットです。冬は首を暖めると全体が暖かくなるので、タートルネックは冬にありがたいアイテムですよね。ざっくりニットのタートルネックでも、あまり首元が目立たないタートルネックニットでも、あると便利です。色んなアウターやズボンに合います。

暖かくておしゃれなアイテムなので、2枚は持っておきましょう。

2017年メンズファッションは、奇抜なアイテムなんて必要ありません。紳士っぽく、大人っぽくと考えているファッションが旬です。カジュアルでも、チェスターコートやダッフルコートで大人らしさを取り入れていきましょう。

MA-1の着こなし

皆さまも洋服は量販店に行ったりファッションに敏感な方であればMA-1をご覧になったことがあるかと思います。また昨今の若い方ですとMA-1の着こなしについては最近流行りだしたものだと思っている方も多いかと思いますが、実はMA-1の着こなしについては、すでに25年前位に一度流行がありましたので昨今の流行はリバイバルとなるのです。

当時のMA-1の着こなしについてはジーパン、白いTシャツ、そしてカーキまたは黒色のMA-1の着こなしが定番でしたが昨今は以前とは違いましてパンツにはブラックスキニーのように細めのパンツをコーディネートする方法が流行っています。

このことは下半身を細く見せるラインシルエットと呼ばれていて今年特に男女関係なく流行っているファッションのシルエットになりますので、今回の流行でMA-1の着こなしに興味がある方は参考にしてみて下さい。

ステンカラーコート

皆さまは今までにステンカラーコートを着たことがありますでしょうか?

ステンカラーコートも言ってみれば冬のファッションにはおいてはとてもコーディネートがしやすいコートの一つになります。特に下半身にはジーンズでもスキニーパンツでも合いますしステンカラーコートの下にはグレーのパーカーを合わせれば違和感なく着こなすことができるのです。

ステンカラーコートは元々はレインコートの一種でしてトレンチコートが変化したものだと言われています。プライベートでもビジネスでもコーディネートがし易いコートとなりますので、もしお金に余裕がある場合には一着ステンカラーコートを持っておけばかならず損はしないと言っても良い逸品になります。

また以前からあるコートにはなりますが、今年の流行りの着こなし方と致しましてはステンカラーコートを着ると上半身が大きく見える分、下半身に履くパンツを細くすることでYラインが作りやすくなってスラリとしたシルエットが作りやすくなりますので大人っぽく見えることになります。

スキニーパンツ

特に今年の冬のメンズファッションを語る上でスキニーパンツの存在は切っても切れないマストアイテムと言っても良いでしょう。それはどうしてかと言いますと特に去年あたりから体全体のシルエットを上半身は大きく、そして下半身は細く見せるY字ファッションが流行っているからなのです。

今まではスリムパンツと言ってスタンダードな物よりもやや細身の物を履いていましたが、スキニーパンツは足にピッタリとしていますので女性の方がよく履いているレギンスとちょっと似ているかも知れません。またスキニーパンツの色味と致しましては基本的にモノトーン一色になりますのでどのような洋服にでも合わせられやすいと言うメリットもあるのです。

スキニーパンツは足にピッタリしているので自分は足が太いので多分入らないだろうとか、どうせ似合わないだろう、スキニーパンツは体型が細い人たちが履くものだと勝手にレッテルを貼ってしまう方もいますが、実際にはそのようなことはなくスキニーパンツの記事には伸縮性のあるものが使われている場合が多いのです。

どのような方でも履くことができるのです。また夏にはロールアップをしたり冬にはノーマルで履いたりなど季節によって履き方が楽しめると言うメリットもあるのです。

そしてスキニーパンツ初心者は『黒スキニー』と呼ばれる位に黒色がスタンダードになっておりますので、ぜひスキニーパンツをどうやって履きこなすかを皆さまなりに考えてみると面白いでしょう。

基本的なシルエット

ここでお話をさせていただくのは具体的な洋服のことではないのですが、流行っている基本的なシルエットと言う物がありますのでいくつかご紹介をさせていただきます。

もしどのような洋服を購入したら良いかが分からないと言う方は基本的なルエットを覚えておいていただくだけでも、オシャレ通に見えますのでぜひ参考にしてみて下さい。

まず初めにご紹介をさせていただくのは『Iライン(アイライン)』と呼ばれる形になります。

この基本的なシルエットはどのようなことかと言いますと、上半身も下半身も細い洋服をコーディネートすることでアルファベットのI(アイ)のようなシルエットになる形にです。

またこのシルエットは全体的にスラリと細く見えるのでスーツスタイルのように相手に対して大人っぽく見えるイメージとなりますので冬のファッションを今年は大人っぽくキメてみたいと思っているメンズの方にはぜひおすすめのシルエットになります。

次にご紹介をさせていただくのはYライン(ワイライン)になります。

この基本的なシルエットは上半身は大きめのボリューム感のあるものを合わせて下半身はスキニーパンツなどキュっと締まった感じのパンツを合わせる形となり、アルファベットのYのイメージ感を出すものとなります。

例えば冬に腰丈の上着を着ている人よりもロングコートを着ている人たちの方が何となくオシャレに見えるのは、全体的はバランスがYラインになっているためだからなのです。

そして最後にご紹介をさせていただく基本的なシルエットは『Aライン』になります。

これは上半身は細く、下半身には男性らしく安定感があるボトムを合わせることで全体的にアルファベットのAに見えることから呼ばれているシルエットになります。

Aラインをコーディネートするに当たっては少し個性的な印象を相手に与えることにもなりますので人目の中でも目立ちたいと言う方は上半身は体にフィットしたジャケット、下半身はやや太めのカーゴパンツと言う組み合わせがおすすめになります。