帽子が似合わないと思わないで!似合う帽子を選びおしゃれな40代の男性になろう

帽子を被った男性

オシャレファッションを始める40代の男性において、帽子を上手くファッションに取り入れている人がいます。

ただ自分とは程遠く、帽子というと野球帽位しかかぶったことがないので一度は憧れながらも途中で挫折してしまう方が多いもの。また実際にやってみたところ、なんかしっくりこないということからきっと自分は帽子が似合わない人なのだと決めつけている人もいます。

しかしそんなことはなく、帽子とファッションを似合わせるにはルールがあるのです。帽子を取り入れたファッションにチャレンジしたいという40代の男性の方へお伝えしたいことを書いていますので参考にしていただければと思います。

なぜ帽子が似合わないのか

自分も帽子が似合う40代の男性になりたいと願う前に、そもそもなぜ帽子が似合わないのかを分析する必要があります。

確かに帽子に似合うファッションをしていない、またはファッションに似合う帽子をかぶっていないというコーディネートの問題がありますが、そもそも40代の男性として相応しくない帽子をかぶっているという基本的な原因があります。

一般的に勘違いをしているケースで顔が大きかったり頭が大きい方は帽子が似合わないと言われておりますが、なぜ帽子が似合わないのかは単に似合った帽子をかぶっていないからであるということが言えます。

頭が大きい方が洋服量販店で販売されているフリーサイズの帽子を購入した場合に惑わされやすいのが『フリーサイズ』というのは『大きい』という意味ではなくて、あくまでもどの様なサイズの方でも合うという意味合いですし、上限もありまして頭の周りが60センチを超える様な場合だとキツくなります。

無理やりかぶることはできますが、例えるならば大人が無理やり子供服を着ている様な物なので似合わないのは当然なのです。

もしもご自身で『帽子が似合わない』とお悩みの方は一度メジャーでサイズを測ってみると良いでしょう。

頭が大きい方は大きめのサイズの帽子を専門に販売しているショップがありますので、一度探してみるのもいいと思いますよ。

ほか帽子が似合わないとお悩みの方の中には普段から帽子をかぶり慣れていないという習慣的な問題もあります。

普段から野球帽をかぶっている人というのは帽子のつばをちょっと折り曲げて前方向に深めにかぶるとカッコよく見せられるという風なかぶり方のコツを分かっているのですが、普段から野球帽をかぶっていない方はそのままの状態でかぶるので周りからみると帽子に慣れていないことが丸わかりなのです。

帽子が似合わないと思っている場合にはちょっとしたコツが抜けている場合もあるのです。コツを掴めば違和感がなく、帽子スタイルに溶け込むことができることもあるのであまり帽子に対して抵抗感を持たない様にするのも重要です。

どうすれば帽子が似合うか

帽子が似合う方法が分かれば一歩踏み出すことができるので是非参考にしていただきたいと思います。最初に取り組んでいただきたいのがファッションに合っている帽子をかぶっているかという確認です。

極端な例だと、普段からチノパンとジャケットスタイルの人がキャップをかぶっても似合いませんし、逆にジーパンとTシャツスタイルの人がシルクハットをかぶっても似合いません。

どうすれば帽子が似合うかのセンスを磨くことが大切になります。

経験もありますが、普段から洋服量販店に行った時には40代の落ち着いたファッションにどの様なタイプの帽子が着せられているのかなどマネキンをチェックしたり広告を見るだけでもセンスは磨かれます。

また帽子が似合うようにするためにはそれぞれのシーンに合わせたタイプの帽子を活用していくのも大事。これは洋服と同じで場違いのタイプの帽子をかぶってしまえば似合わないのが当たり前です。

ここでいくつかのシーン別に合う帽子のスタイルについて書いていきます。

まず40代になるとフォーマルなシチュエーションが多くなると思いますが、帽子のかぶり方や選び方に注意をする必要があります。

フォーマルな場であればソフトハットやボーラーハット(山高帽)が似合う雰囲気となるので持っておいて損はないです。また生地的にはフェルトなどのしっかりとした物で柄が入っておらずに落ち着いた無地の物がおすすめとなります。

プライベートでのカジュアルシーンにおいでは、従来から定番としてキャップがスタンダードとなっていますが、だからと言ってアメリカ人の様に好きなベースボールチームのキャップをかぶっても日本人の場合には似合わないことが多いのです。

多彩な私服のスタイルがある中で、どうすれば帽子が似合うかを考える時に単純なベースボールキャップではなく、インパクトのある物を取り入れると上手くいくことが多い。最近流行となっているローキャップやジェットキャップなどの色々なスタイルのキャップがあるので合わせてみるといいでしょう。

輪郭別の似合う帽子

上項ではシチュエーション別の選び方をご説明させていただきましたが、合わせて輪郭別の似合う帽子の考え方も参考にしてみて下さい。

丸顔

丸顔の場合には比較的どのタイプでも合わせやすいので、シルエットが丸いポーラハットを始めとして深さがあるベレー帽やハンチングも似合うので40代の落ち着いたファッションには合わせやすいと言えます。

かぶり方のコツとしては顔を縦長に見せるために浅めに帽子をかぶったりまたひたいを出す様に後ろ目に倒す様にかぶるのもオシャレです。

面長

基本に面長も合わせやすい輪郭となりますが、しかし細長い帽子は更に面長をアピールしてしまいますので面長に対してコンプレックスがある方の場合にはハット系は避ける様にしてニット帽などの高さを抑えめにした帽子が良いでしょう。

特にレトロなハンチングも似合う輪郭となりますので上手く着こなせると渋い40代として注目を浴びるでしょう。

四角顔

一般的に一番帽子が似合わない輪郭だと言われておりますが、顔幅やアゴ幅を気にし過ぎてツバが短かったり全体的にボリュームが少ない帽子を選ぶと逆効果になります。

思い切って顔幅を超える大きめのツバがある物や大きめのツバのある物を選んだ方が四角顔の輪郭を隠すことができますのでおすすめになります。

逆三角形

この輪郭の方は、ツバか狭いタイプの帽子が似合います。

そしてかぶり方のコツとしては浅めよりもしっかりと深くかぶる方が輪郭とマッチして良いかぶり方だと言えるでしょう。

好みにもよりますが、頭部が丸みを帯びたシルエットの帽子をかぶると顔全体のシルエットが可愛らしく見えますので普段から少し強面に見られている方にはおすすめとなります。

また逆三角形の輪郭のために顎の形を強調したくないという方は先端が長い形の帽子をかぶると馴染みやすいです。

帽子選びのコツとしてチャレンジも必要

いくつかのパターンの40代男性の帽子選びのコツをご紹介させていただきました。

年代的にも若い時には色々なファッションをしていた方もそろそろ自分のキャラクターを理解しつつ、どの様な40代男性の帽子選びのコツをしたら良いかも決まってくる頃だと思います。特に帽子をかぶりたいと思いながらも一番良くないことはチャレンジをしないことです。

何も行動を起こさなければ40代の帽子選びのコツを覚えるどころか卓上の議論だけで終わってしまいます。もしファッション自体に興味がないのであれば、上にご説明をさせていただいた顔の輪郭から合う帽子を選んでみると良いでしょう。結婚されている様でしたら奥さまに帽子を含めたトータルファッションを見てもらうのもいいです。

女性は目が肥えていますので、色々な提案を聞いているうちに皆さま自身にも帽子選びのコツが身についてくるかも知れませんよ。

ビジカジと言う言葉をご存知ありますでしょうか。 ビジカジとは早くは欧米ではすでに取り入れられておりましたが、日本では比較的最近の地球温...